クラス全員で異世界転移!?~厨二病が率いる異世界ライフ~

Akisan

次の局面

原とオーグルの戦いが終わる頃

「これで大方、片付いたか」
剣聖が大きく深呼吸しながら言う

「そうね」
その横にはルナが立っている

「しかし、何でアイツがここにいるのかね
ちゃんと止めておいたよな?」
剣聖が秋を見ながら言うと
「あなたの言い方が弱かったんじゃない?
──無駄話はここら辺にして次いくわよ?」
ルナがそう言うと

「あぁ、わかってる」



「邪魔だぁ!」
秋が右手を振るうと敵兵が空へと飛ぶ

「誰かアイツを止めろぉぉぉぉ!」
「龍の力を使うやつなんてそう多くないハズなのに
何でこんなところに」

「退くが良い、ここは私が止めよう」
「なっ!副将軍どの」
「あの程度のガキも止められんとは
帝国の恥さらしどもめ、まぁ良い」

そう言うとその男は秋の前へと飛び出し
「さぁ!来い!この副将軍スイズフ──がはぁ!」

高らかに名乗りをあげている隙に秋の一撃に沈んだ

そして─── 

「ほう、ここまで来たか」
敵の大将─ディゴード=アルバンス─の
すぐ近くまで迫った

「我が仲間にならぬか?地位と名誉をやろう
そうすればこの場では命だけは助けてやろう」
秋にそう訪ねるが
「断ろう」
そう言うが早いかアルバンスへと接近し
「その身に刻め龍の名を─龍刻─!」
技を放つが

「まあ、落ち着きなさいって
まだ相手は剣を抜いてないんだから」
横から入ってきた男に片手で止められ
そのまま投げ飛ばされる

「片手で止めるかぁ…強そうだなぁ 」
体勢を建て直し秋が呟くと
「よいしょっと、あぁ、いきなり悪いね若いの
あっしはジューゴローって言いまして
雇われ剣客をしてるんですわ以後お見知りおきを」

(気を付けろよ、こいつかなり出来るぞ)
己の中の秋がそう言う 
(うん、わかってる)

「そこ、通してもらうぞ」
「やってみんしゃい」

「クラス全員で異世界転移!?~厨二病が率いる異世界ライフ~」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「ファンタジー」の人気作品

コメント

コメントを書く