クラス全員で異世界転移!?~厨二病が率いる異世界ライフ~

Akisan

再びの対話

上田の言葉を聞いた秋は
椅子から立ち上がり歩いていく

道を覚えていた訳ではない
ただ、何となくアイツが呼んでいる気がした

両脇の本棚には目も向けず
ただ、迷い無く歩く




その井戸はそこにあったいや、現れたと言うべきか
しばらく黒い道のような場所をただ、歩いていた
すると、何の予兆もなくすぐそこに合った

その水を見ていると
『やっと来たな、待ってたぜ、俺
答えは見つかったか?』
「あぁ、今教えてやる」

視界が黒く染まりそこには僕が立っていた
『さぁ、聞かせてもらおうか
お前が見つけたその答えを』

「君と僕は同じじゃない」
『前にも言ったが俺はお前だ』
嘲笑うような顔でこっちを見ている
「違うよ、僕は戦いたいんじゃない
守りたいんだ、友達を、クラスメイトを」
『それが戦うって事だろ!』
声を荒くしながら言う

「だから僕は君じゃない
同じ体だけど考え方が全く違う
果たしてそれは同じ人間か?」
『だが、お前は俺の力でピンチを切り抜けてきた』
「君が力を貸さなければ君も死んでいた
ただ、それだけの話だよ」
──反論がない

「君は言った『アゼルの事は忘れろ』と
でも、忘れられる訳がない
だって、あの人を殺したのはおまえだからだ」 

「クラス全員で異世界転移!?~厨二病が率いる異世界ライフ~」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「ファンタジー」の人気作品

コメント

コメントを書く