クラス全員で異世界転移!?~厨二病が率いる異世界ライフ~

Akisan

仲間の応援

「二人とも聞こえるかしら?」
どこからかルナの声が聞こえる
「あぁ、聞こえるぜ」
剣聖の声も聞こえる
「どうしたんですか?」
原が聞くと

「相手の魔術師達に不審な動きがあったから
平気だと思うけど一応注意してね」
壁に一番近いところにいるルナが
何故、戦況把握出来ているのかわからないが
もう、気にしてられない

「了解、さっきから雑魚兵しか来ないのは
それが理由か、先に本陣叩くか?」
剣聖がとんでもない提案をした

「あなたは良いかもしれませんけど
僕がやったら死にます」
と、話ながらも確実に敵の数を減らしていく


「大砲構えぇぇぇぇ!」
敵軍の総大将が言うと大砲の列が表れた
「撃てぇぇぇぇ!」
掛け声と共に大砲が発射されるが
「どこ狙ってんだアイツら」
剣聖が言った

「マズイ!国が!」
そう言うが真っ直ぐに弾は飛んでいき
その高度は国を囲む壁を越えていた
急いで走って行くが間に合わない

────ドンッ!
爆発音が響くが破壊の対象は壁でなく

────突如表れた大木だった
「危なかった~間に合って良かった」
「ナイスタイミング!木澄くん」

「木澄!神崎!来てくれたのか!」
「一応、巻き込んだグループの一員だからね
守るぐらいはしないとな」
木澄が言って
「出来る限りは守るけど
対して出来ることは無いから頑張ってね」
神崎が続く
「ほら、こっちは俺らが守るから
戦いに集中しろよ」

仲間のその言葉に押され
再び前線へと向かって走る


「ほら、あなたはどうするの?」

「クラス全員で異世界転移!?~厨二病が率いる異世界ライフ~」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「ファンタジー」の人気作品

コメント

コメントを書く