クラス全員で異世界転移!?~厨二病が率いる異世界ライフ~

Akisan

開戦

「なるほど、多いな」
視界に入るようになった帝国軍を見て
剣聖が言った

「あら?思ってたよりも多いのね
それに小隊長クラスも何人かいるわね」
「お、大隊長クラスも何人かいるな
久しぶりに少しは楽しめっかな」
等と余裕そうに話している
二人をみて
「なぜそんなに余裕でいられるんですか?」
原は思わず聞いてしまった
「何故って言われても」

「最強だからな」
剣聖は躊躇うこと無く言い放った

「はは、やっぱり凄いですねその自信」
その言葉にある自信とその裏にある実力を
剣聖は知っている

「我こそは偉大なる帝国軍第八位統帥
ディゴート=アルバンスである
これより我が国の技術の結晶である機将ゴーレムを破壊した者共へ報復戦争を行う
部外者には退却を求めるが如何に?」

帝国軍のほぼ中心にいる大きな男が名乗りをあげ
ルナと剣聖へ聞くが

「断る」
「あり得ないわ」
即答した

「いくら剣聖と大賢者とは言え
この大軍の相手は大変だろう?
もう一度チャンスをやろう
退くか?退かぬか?」

「くどい」
そう言い終わるや否や剣聖は刀を抜き降り下ろす
大地を割きながら斬撃が帝国軍へと進む

鉄と何かがぶつかる音が耳をついた

「その程度か剣聖よ」
ほぼ体と同じ大きさの盾を地面に突き立て
斬撃を受け止めた男がニヤリと笑う
「まあ、開戦の合図程度だよ」
剣聖も口角をあげながら答える

「帝国軍かかれ!」
「「「「ウオォォォォォォ!」」」」

大軍が雄叫びをあげながら突進してくる

「さぁ、やるぞ」
「はい」
「ええ」

帝国軍VS3人の戦いが始まる

「クラス全員で異世界転移!?~厨二病が率いる異世界ライフ~」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「ファンタジー」の人気作品

コメント

コメントを書く