クラス全員で異世界転移!?~厨二病が率いる異世界ライフ~

Akisan

嵐の前の静けさ

国の入り口の前
壁の前に二人は立っていた

「本当にこのまま始まるんですか?」
「緊張してるか?」
真面目な顔をしてどこかを見ている

「いえ、急すぎて緊張って言うか戸惑ってます」
「少ししたらそう言ってられねぇよ」
などとやり取りをしていると

「あらあら、二人とももう来てたの?」
地面に魔方陣が浮かび上がり
中心にルナが表れた

「まぁ、早いに越したことないだろ
それより、準備できたか?」

「全く、愛刀の手入れぐらい自分でやりなさいよ」
手をかざすと、2メートル程の刀が表れた

「俺がやるより姉ちゃんがやった方が良いからな」
「何を言ってるのよ、自分の武器は
自分が一番分かるでしょう」
普通の話をしていると

辺りの空気が変わった

「奴らが来ますよ」
「ええ」
「いよいよか」

「クラス全員で異世界転移!?~厨二病が率いる異世界ライフ~」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「ファンタジー」の人気作品

コメント

コメントを書く