クラス全員で異世界転移!?~厨二病が率いる異世界ライフ~

Akisan

原の戦い方

「怪我しても同じなのはお前らも 
俺も一緒だから、遠慮することねぇよ」
そう言う剣聖、その手には銀色に輝く長身の刀

「まぁ、やるしかないよな」
「そうだね」

その理由は一つ

─────皆を守るため

「「お願いします!」」
「っしゃ!来い!」


まず動いたのは原だった

「行くぜ!世界最強!」
そう言うが早いか姿が掻き消え
剣聖の後ろへと現れる

「良いねぇ、最初からそのレベル
育て甲斐があるねぇ、だけど───」

原の剣が剣聖へ迫るその時
「足りない」

寸分違わず原の首筋にその刃が添えられていた

「次はもうちょっと頑張れ」
ニヤリと笑う剣聖

「無茶苦茶だな、世界最強」
原も笑い
「これはどうだ?」
新たに刀を作り出し剣聖の腹へと突き立てる

「油断すんなよ剣聖、戦場だったら
卑怯も何も勝った奴が正しいだろ?」
原が殺意に満ちた顔でニヤリと笑い
更に深く剣を突き立てる

「んー、60点かな」
剣聖は特に気にする様子もなくその行動を評価した
「確かに戦場に於いてその行動は正しい
だが、行動に移すまでに時間が掛かりすぎだ」
剣聖の肌には傷すらついていない

そして、その剣を手で掴み
「あと、もう少し剣を強化しよう
何回か切り結んだら刃零れしちまうようじゃ
せっかく隙が出来ても切れなきゃ意味がない
んでもって、作り直す時間が隙になるぞ?」
原の問題点を的確に指示していた


「────マジかよ剣聖」
思わず秋はそう呟いた

「クラス全員で異世界転移!?~厨二病が率いる異世界ライフ~」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「ファンタジー」の人気作品

コメント

コメントを書く