クラス全員で異世界転移!?~厨二病が率いる異世界ライフ~

Akisan

秋─再開

「お前は本当に秋なのか?」
そう聞かれて、素直にそうだ
と、確信を持って言えない

そもそも、この世界につれてこられた時点で
この体は僕なのか? 
龍の右腕を持つ俺は本当に秋なのか?
答えはない

「気づいておらんようだの
内なる己と何があったのか」

「覚えてないんだ、何も
気がついたらアゼルは死んでいた」

「見せてやろう
あのとき何があったのか何をしたのか」



そのとき、秋は
アゼルと修行をしていた

「そう、もう少し力を押さえて」
 アゼルと共に風練術で空を飛ぶ
技を修行していた時
「まだ、足りないよ!
もっと風を掴んで、殺気をあげて!」

その時だった、足元から
黒い何かが立ち上ぼり始めた
「ちょっと、待って!何これ!?うわっ!」

あまりにも不気味なため
アゼルも何かわからない



「ここじゃ、ここで
お前と内なる己が混ざりあった
そして、暴走したのじゃ」
「そんな、本当に、俺が…」
「口調も変わっておるのに気づかなかったのか?」
「全く気づかなかった、でも、待って
暴走したのはわかるけど俺の右腕はどうなってる?」
少し、間を開けて
「この世界に来たときに
身体性能が大きく向上する
貴様のその力も、それによるものじゃ
そこに、二重人格と言うイレギュラーな
存在がきて何もないと思うか?
ここからは、推論じゃが
お前の中の、黒秋とでも名付けようか
その黒秋がこの世界に入ってきたときに
龍の力を手に入れたと、言ったところでは
無いじゃろうか」
──あくまで推論じゃが
と、念押しをして
「俺はどうすれば良い?」
と、聞くと
「またそれか、わからないヤツじゃのぅ」
ため息をつかれた
「お前がどうするかは、妾の知ったことではない
前も言ったはずなのじゃが
まあ、助言はしてやろう、さっきの爆音、
襲われてるのはお主の、仲間じゃ
助けるか助けないかは好きにせい」
───俺は……

「行くよ、今度こそ誰も死なせない」
「決まったようじゃの、振り替えるでないぞ?」



意識が戻って現実
「さて、やるか」
爆発の元へ走る、座り込んでいる原
力を溜めているゴーレムたち
─間に合え
放たれる大きなレーザーと原の間に立つ
右腕を解放、迫るレーザーへ叩き込む
「おい、原俺と殺りあったときは
もっと良い動きしてたんじゃねぇか?」

──ニヤリと笑いかける

「クラス全員で異世界転移!?~厨二病が率いる異世界ライフ~」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「ファンタジー」の人気作品

コメント

コメントを書く