クラス全員で異世界転移!?~厨二病が率いる異世界ライフ~

Akisan

other─進軍

イルシアを出て秋を探しながら
龍の住み処を探す、大体の位置は
わかっているため迷うことは無さそうだ

「ねぇ、光希?俺たちサイトーの変わり
ちゃんと出来るかな?」

原は不安だった、異能を覚醒させてるが
それと、リーダーシップはまた違う
秋のようにうまく立ち回れるか
とても、不安だった

「僕が支えるから平気だよ」
光希は曇りなくいった

そして、森へ入る
大人数で町へ入ると怪しまれるので
町を抜けずに迂回する形で進んでいく

「この街、城壁高くない?」
ふと、原が気づいたことを言うと
「だとしたら、ちょっとまずいかもね」
と、光希が歩みを止める
「この辺、何があるかわからないから
気を付けてね!」
と、大声で言う
「何があるの?」
原が聞くと
「こんなに高い壁を作るってことは
町を守ってるわけだから、攻撃してくる
何かがあるはずだから、そのなにかに
干渉したりしないようにしないと」
原は驚いた、ただ、壁を見ただけでここまで
頭が回ると思わなかった

そして、特に何もなく森を抜けたが
本当の試練はここからだった

辺りに草原が広がり風が心地よい
──謎の物体を除けば

「何、あれ?ロボット?」
例えるならばゴーレムと言ったところだろうか
表面は、赤褐色で頭には一つ目がある

広い草原にゴーレムが4体ほどいる

「倒していくしかないよね?」
原が恐る恐る聞くと
「迂回は…出来そうに無いもんね」

その一言で皆が息を飲んだ
「──じゃあ、やろうか」

「クラス全員で異世界転移!?~厨二病が率いる異世界ライフ~」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「ファンタジー」の人気作品

コメント

コメントを書く