クラス全員で異世界転移!?~厨二病が率いる異世界ライフ~

Akisan

困惑

外では雨が降り続いている

「これからどうするの?」
誰かがポツリと呟くと 
「わからない、だけど
サイトーをあのままには出来ない」
原にはわからなかった
それは、全員がそうだった

「サイトーを探すのも大切だけど
先に龍を倒すのが良いと思うんだ」
「何言ってんだよ光希、サイトーがいなきゃ
勝てるわけ無いだろ!」
声を荒らげるが、それで何が変わるわけではない

結局、3時間話し合って
「サイトーを探す」
と言う結論に落ち着いた



「これからどうしよう」
秋は一人、空を見上げながら呟いた
あの場から逃げ出したは良いが
とても、戻ることは出来ないだろう

「またか」
雨が降り始めた、雨宿りできる場所を
探して歩きだした

山を下りて小一時間ほど歩くと
家があった、小さな畑が家の横にある

ドアを叩いてみるが中にはいないようだ
仕方ないので家の前で待つことにした

「───?───み、だ──かい?
君!大丈夫かい?」

「ん、んぁ、」
寝ぼけ眼で見てみると、たくましい体をした
おじさんが覗き込んでいる
「良かった!君は誰?何でこんなところにいるの?」
どうやら寝てしまっていたようだ
名前を告げ、旅の途中だと言うと
「それなら、しばらく家に居ると良いよ
その代わりに畑仕事手伝って」

いい条件だったので言葉に甘えさせてもらった
その晩、夕飯をご馳走になった
「へぇ、記憶を無くして
自分の故郷を探すために旅にねぇ」
夕飯を食べながらそんな話をしてその日を終えた

次の日の朝早く長居するわけには
いかないと思い夕飯代と、宿泊費
合わせて3000円を置いて外に出ると
「おはよう!朝早いね」

───おじさんがもう起きていた


どうも、Akiです

ここからは二つの場面を
行ったり来たりします
少し複雑になると思うので
質問や読みにくいなどありましたら
コメントお願いします

「クラス全員で異世界転移!?~厨二病が率いる異世界ライフ~」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「ファンタジー」の人気作品

コメント

コメントを書く