クラス全員で異世界転移!?~厨二病が率いる異世界ライフ~

Akisan

秘術

「何なんだよッ!」
秋は一人、部屋に籠り
文献を読み漁り
あの技の正体を探っていた

すでに、あの戦いから
3日が経っている

「失礼してもよろしいでしょうか?」
ドアがノックされアゼルの声が聞こえる

「もちろん、どうぞ」
返事をすると、アゼルが申し訳なさそうに
部屋に入ってきた

「どうしたんですか?」
「とても、悩んでると聞いたもので
何かお手伝い出来ることがないかと」

「とても、助かりますが、あなたは僕に
天眼を持つに値しないと言いました」

「えぇ、確かに言いましたが
あなたが悩んでいるのはきっと
天眼ではなく私がどうあなたを
攻撃したかですよね?」

言われてみればそうだ
天眼の修行ではなく
どうやって攻撃されたのかを考えていた

「それでしたら、全然教えますよ?」

──あぁ、僕の3日間を返してください



所変わって闘技場


「残念ながら、あの技は今のあなたには
使うことは出来ないでしょう
ですが、見えないものを避けられるようになれば
見えるものを避けるのは簡単でしょう
それの修行です」

すると、テーブルを用意し、
上に日のついたろうそくを置いた


「これな触らずに火を消してみてください」

そう言われて、ろうそくの火3センチ程
上を手で払い火を消した

「なるほど、流石に出来ますよね」
と、再び火をつけ
「それでは、ここから三歩下がって
火を消してみてください」

────修行が始まった

「クラス全員で異世界転移!?~厨二病が率いる異世界ライフ~」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「ファンタジー」の人気作品

コメント

コメントを書く