クラス全員で異世界転移!?~厨二病が率いる異世界ライフ~

Akisan

秘境の技

(今のは一体…?)

何があったのか理解が出来ない
体全体に衝撃が走った

「何をしたんですか?」
相手に、謎の攻撃の理由を聞く

「敵に秘術の種をバラす訳無いでしょう」
わざとらしく両手をひらひらさせながら
嘲笑うかのように見ている
「ですよねッ!」
再びの接近、もう一度拳を放つ
アゼルも拳を構え放ち拳同士でぶつかる

───15センチもの隙間を開けて

辺りに衝撃波が広がる

「なかなかのパワーですね
しかし、当たらなければ意味が無い」

そう言って背を向け、そして
「今のあなたではこの眼を持つことは
不可能でしょう、持つに値しません」

そのまま、闘技場から出ていくアゼルを
ただ、眺めるしか出来なかった




「へぇ、あんなことできるんだ」
その戦いを観客席で見ていた彼女は
神崎若菜と言う、光を操っていた
その人だった

「これを、完璧にすれば秋くんを助けられる」

そう思った彼女は一人、練習場に籠るのだった




「何も見えなかった、だけど確実にそこにある
存在は無いが実体はある
風のようだが風ではない、
風だったら周りに土が舞うはずだ
何だ?何が俺を襲ったんだ?」

山を歩き呟きながら答えを探していた

「クラス全員で異世界転移!?~厨二病が率いる異世界ライフ~」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「ファンタジー」の人気作品

コメント

コメントを書く