クラス全員で異世界転移!?~厨二病が率いる異世界ライフ~

Akisan

天眼術

「一族の血なのに普通の眼であることが
私は悔しかった、皆が出来ることが
私には出来ないんですから
それは、死に物狂いで修行しましたよ
大体の一族の技は血によって起こる
他の人から見たらそれは天才でしょう
なので、努力を知らない
けれど、私は知っている、誰でも出来るんですよ」

過去を思いながら空間を見るような目で
語ってくれる

「それは、僕には出来るんでしょうか?」
出来るなら是非、習ってみたい
「習ってみたい、と言ったような
軽い気持ちじゃ教えられませんね」

と、自分の考えを見透かして来た
その眼には、強い意思を見てとれる

「この眼は、私の命の結晶です
私を殺してでも受け継ぐ気持ちでないと
ついてきてください」

と、歩き出すアゼルの後をついていくと
闘技場のような所へ着いた

「まずは、力試しです
私に一発当てれば合格です
殺す気で来ないと当てられませんよ」

笑いながら立ちはだかる高い壁
これを越えなければ仮面あの男は
倒すことは愚か、皆を守ることすら出来ないだろう

「では、殺しにいきますので
どうか、死なないで下さい」
言うが早いか超高速で接近
胴へ拳を放つ

「遅いですね」
と、綺麗にかわされる
追撃で放った右足の蹴りもかわされる

「どうしたのですか?
殺しにくるのでは?」

あえて煽りに来ているアゼルは
余裕を見せている

「来ないのなら私から行きますよ?」
と、言うとこっちを見据え、


────殴られた

まるで、質量をもった強い風に
吹かれたような感触

「何だッ!?」

「クラス全員で異世界転移!?~厨二病が率いる異世界ライフ~」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「ファンタジー」の人気作品

コメント

コメントを書く