クラス全員で異世界転移!?~厨二病が率いる異世界ライフ~

Akisan

思う心

高校一年の春同じクラスになった
秋君に一目惚れをした

でも、きっと他の人も秋君を
気になっていそうだから
私みたいな暗い人には
気づいてくれないだろうな───

一年の冬、ずっと思い続けていたけど
私には無理だなぁ
あ~あ、私も明るくなりたいな
回りの人は秋君を暗いって言うから
私が光になって照らしてあげたいな




二年の春、良かった!
秋君と同じクラスになれた

そして、異世界に飛ばされた

皆はいつも秋君と話そうとしないし
陰口を言っている人達なのに
皆を守るためにあんなに
大きな虎にも怯まず挑んだ
優しいな、怪我してないかな…?



今度は龍が出てきた
秋君はまた戦おうとしている

「さぁ、行こうか原ちゃん」

─────ダメ…
怪我しちゃうよ

「さて、どうするか」

止めて────
これ以上やったら


「アレと少し、やりあってみるよ」

お願い、もう止めて、死んじゃうよ───
これ以上傷つくようなことしないで

「せめて、もっとちからがあれば秋君を
助けてあげられるのに」
「願うか少女よ」
綺麗な女性の声がした
「誰?」
「あやつを助けるための力を」
こちらの声が聞こえてるのかわからないが
「願うよ…だって死んでほしくなんて無いッ!
私が助けてあげたい!
でも、力がないから私には何も出来ない」
「願え、人を思う心は何にも挫けない」




変な声が聞こえてから、秋君を見ると
また、龍にぶつかっていった

──もう、怪我しちゃうから──
──今度は私も一緒に戦うから──
──だから…だからッ!──

「もう止めてぇぇぇぇぇぇぇぇぇ」

「クラス全員で異世界転移!?~厨二病が率いる異世界ライフ~」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「ファンタジー」の人気作品

コメント

コメントを書く