クラス全員で異世界転移!?~厨二病が率いる異世界ライフ~

Akisan

2章─束の間の平凡

目が覚めると、夜になっていた。
手を開いたり閉じたりしてみる
「やっぱり、特に変わりはないか」
辺りを見回すと
皆が寝ていたり話したりしている
「あ、サイトー起きた~」
「光希おはよ~ごめんね、心配かけたね」
どうやらずっと横にいてくれたようだ
こういう会話を光希とすると、とても安心する
何だか、落ち着いて和むことが出来る
「大丈夫?体きつくない?」
「うん、平気だよ~」
少し動こうかと思ったがまだ体が動かしづらい
「無理しないでね」
と、手を添えてくれる光希
ホントに優しいヤツだ
『おい!サイトーが起きたぞ!』
皆がこっちを見て、駆け寄ってくる
『あの力はなに!?』
『どうやって戻るの!?』
『これからどうするの!?』
矢継ぎ早に質問が飛んでくる
「あ、あの、あれは、ぼ、僕も──」
と、自慢のコミュ障を披露していると
「はい、そこまで、このままだと、
またサイトーが倒れちゃうよ~」
助け船を出してくれた
「光希~ありがとぅ~怖かったよぅ~」
思わず泣き付く
「少し歩こう」
落ち着かせるために提案してくれる
森の方へ歩いていくと水の音を聞いた
「川があるんだね」
「そうだね~落ち着くね~」
何だか、久しぶりに落ち着いた気がする
「そう言えば何であのときにやれるって思ったの?」
と、光希が聞いてくる
恐らくアレに石を投げた時だろう
「あれはね、投げたときに今までより早く
投げられたしアレにぶつかったとき
砕けたでしょ?アレで確実に今までより力が
上がってるって確信したんだ」
「でも、当たったときに砕けなくて
実際に力が上がってなかったら
どうするつもりだったの?」
「それはね、しっかり考えてあるよ
日頃から伊達に妄s…シミュレーションしてないって」
「そっか~だから、いつも授業中楽しそうなんだね
僕もたまにやるけどそこまで考えに自信は
持てないなぁー、やっぱり毎日妄想してると違うね」
「ばっ…別に毎日はしてねぇし」

 
楽しそうに歩く僕たち、
この後、何が起こるかも知らずに




はい、どうも、Akiです

今回から本当に2章になります
まだまだ拙いところもあると思いますが
頑張って行くので
 ご期待ください

「クラス全員で異世界転移!?~厨二病が率いる異世界ライフ~」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「ファンタジー」の人気作品

コメント

コメントを書く