ラウンド アバウト ウェイ

Arata

STEP2-過去家族とジゴクの予告-

 私の家族構成は、母子家庭で母と兄と私に高校三年生の弟と中学校二年生の弟と中学生の弟が小学校の時に拾って来た元野良猫二匹で茶トラのチョコと片目を失った白猫のシロの7人家族。何故、母子家庭になったかを母親から電話で聞かされたのは私が中学校一年生の時だった。母は私が小学校四年生の時に父親と離婚したらしい。原因は父親のお坊ちゃん育ち故の性格だった。


私の元父親は、生まれた時からお金持ちの家庭で育ってきた。だから自分が求めたモノは力の限りを尽くして手に入れて来たし自分が求めていなくても勝手に元父親の両親が与えていた。だから性格はとにかく自己中心的で自分が一番正しいと思っている。自分が気に入らないことがあれば直ぐに人の事を否定し些細なことで直ぐ怒鳴る人だった。父親と暮らしていた小学校四年生までの生活は19歳になった今の自分が振り返ってみても地獄だったと思う。


母から聞いた話の中で衝撃的なだったのは、その当時は6人家族で私と母以外は全員男。1日の食費は千円で毎日作る弁当のおかず代も含まれている。しかも元父親は大食いで全然足りない。だから母は兄や私、弟が残した残り物を食べていた。食費以外は自分の趣味にお金を使っていた。だからよく家の電話は止まっていた。そのお陰で電話が使えず酷い目にあったことが何度もある。今思えば母はよく長い間、空腹を我慢していたなぁ…と思い返し私はそのままその記憶を後にした。



次回 STEP3-本予告 ジゴク→地獄の予告-

「ラウンド アバウト ウェイ」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「文学」の人気作品

コメント

コメントを書く