いじめられっ子は、異世界で幸せに

藤色

6


「……。座学は完璧のようね。でも、魔法はどうかしら?」
「魔法、ですか?」

 あの後、ほかの教科でもテストをしてみたが、どれも満点だった。

 ルクレシア学園への入学試験は、座学の他に、どうやら魔法というものもマスターしないといけないようだ。

「そう、魔法よ。家で魔法を使うのは危ないから、外に出ましょう。」








 草原に来た。

 (わぁ……!!綺麗な空気、ここなら魔法、上手にできるかな…?)

 
「じゃあ、魔法を発動して見せるわね。……《風の乙女の吐息は、私の頰を優しく撫でる》…」

 緩やかな風が吹いた。

(これが…魔法……!)

「すごいです……!どうやってするのですか?」
「ふふ。コツを掴めば簡単よ。風よ吹け、って強く思いながら、詠唱するの。」
「分かりました。やってみます。…《風の乙女の吐息は、私の頰を優しく撫でる》…。」

(風、吹いてください……!お願いします!)

 思いとは裏腹に、風はなかなか吹かない。
 やはり、考えながら詠唱をするのは少し難しい。
 しかし…こうすればどうだろうか?


「まぁ、私も最初は一週間かかったし、当然よね。エリーも一週間頑張りなさ…って、え!?」
「…《風の乙女の吐息は、わたしの頰を優しく撫でる》…。…できた!!」

(言葉のひとつひとつに思いを込めるようにしたら、できた!!)


「エリー……もしかして、貴女……。」
「……なななな、なんですか??」

(もしかして、わたしの正体がバレた!!!?)

 背筋に冷たい汗が流れる。
 正体がバレたらそのときはそのときだ!なんて考えていたけど、こんなに早くバレてしまうなんて……。

「貴女……天才?」
「……へ?」
「今まで、勉強のことになると逃げてばかりで、まったくしたことがなかったのに、いきなりできちゃうなんて……。もしかしたら、ルクレシア学園への入学も、夢ではないかもしれないわね。」

「いじめられっ子は、異世界で幸せに」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「ファンタジー」の人気作品

コメント

コメントを書く