ユニーク:憑依で聖龍王になりました!

たい焼きの餡

37:主様!



無事に着地できたし、一先ず安心って思ったんだけど、、、

「我が一族の命を救って頂き感謝のしようがありません。是非とも我らをお好きなようにお使いください。」



さっきまで瀕死状態だったのに、一瞬の内に、整った隊列を組んで土下座?地面に這うようにして伏せているワイバーンたち。

僕は大丈夫だよ。お礼は何も要らないよって言ってるんだけど、何か命令されるまで体制を変える気は無いようなんだよね、、



このままだと様子を見に冒険者来ちゃうだろうし、耐久戦をするわけにもいかない。


「じゃあ、取り敢えず人間たちに見つからないように隠れててくれる?」

「「「承りました!主様!!」」」

1泊も置かず返事が返ってきた。

主?いや、主になった覚えはないよ?いつからかな??おーーい?

ワイバーンには俺の声は届かず、嬉嬉と飛び去って行った。





訝しむ僕を見かねてか、エルが教えてくれた。

「魔物の世界では命令したらそれはもう主従の関係なの!レイもしかして知らないの?」
 




知らないヨォォーーー。逆に何で知ってると思ったんだ!魔物デビューしてまだ半月も経ってないぞ?人間でいったら言葉ですらまともに喋らん状態だ。












「ユニーク:憑依で聖龍王になりました!」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「ファンタジー」の人気作品

コメント

コメントを書く