ユニーク:憑依で聖龍王になりました!

たい焼きの餡

35:至急ワイバーンの元へ



「レイト!早く向かった方がいいの!」

いつもあまり動じないエルが、眉間に皺を寄せている。

「エル?どうしたの?」

「助けて!って叫び声がたくさんきこえるの!」

広範囲の声を拾えるイヤホン型の魔道具で聞き取ったようだ。



「カーマさん。僕たち先に行ってます!」

「気をつけて行ってくるのよん。」
投げキッスをされて見送られた。



「エル!行こう!」

僕はエルを脇に抱えて走り出した。







☆☆☆


スタスタスタスタッ


森の中を高速で走り抜ける。




「本当はさっき助けて!っていってたのワイバーンたちなの!」



え?なんでだろう?
ワイバーンはこの世界でも強い種である。
しかも報告では群れでいたとのことだ。



「ワイバーンは集団で病気にかかったりしたのかな?」



ワイバーンたちは、自分の意志で動いているわけじゃないってことか。



「叫び声が聞こえたのは突然なの!多分外的要因が関わってるはずなの!」


「とりあえず急ぐに越したことはないよね。」

さらに僕は走るスピードを上げた。


そして走っていると何かが飛び回ったり、ぶつかったりしている音が聞こえた。





「見えたの!」

双眼鏡型魔道具を目に当てていたエルが先に見つけたようだ。

「もしかしてあれかな?」

まだ小さくてよく見えないけど2、30いや、50くらい、いるように見える。



「そうなの!」

ワイバーンたちのいる真下に着いたはいいが、人の姿のままでは飛ぶことができない。

「人化解除していい?」

「いいけど急ぐの!冒険者の討伐隊が来る前に済ませるの!」

確かにカーマさんが討伐隊組んだっていっていた。

「人化解除!」


僕は素早く人化を解除し、ワイバーンの元へ向かった。

「ユニーク:憑依で聖龍王になりました!」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「ファンタジー」の人気作品

コメント

コメントを書く