ユニーク:憑依で聖龍王になりました!

たい焼きの餡

33:嫌な予感・??サイド

??サイド

「ある報告をお持ちしました。」

「入れ。」




そこは薄暗い神殿のようであった。

天井も高く、辺りを見渡せばどの方向にも黒塗りの柱しか見えない。

この広さを持ちながら人の気がなく、この女の足音がかつんかつんと際立って聞こえる。

神殿の奥深くの中央に非常に存在感を放つ扉がある。老若男女の顔の精巧な彫刻がその大きな扉に敷き詰められるかのように掘られていた。



黒い装束に身を包んだその女は扉に手を掛ける。

恭しく一礼をし、床に膝をついた。

「それで報告とはなんだ?」

「はっ。生贄となるターゲットの地域がしぼれた事のご報告に。」

「続けろ。」


「はっ。神具が反応した町はコリンの森に最も近い町です。」


「あぁ、そうか。引き続き任務を遂行しろ。」


「かしこまりました。3歳から10歳までのコリンの森近くの町の人間に限定をし、全霊をかけ調査をさせていただきます。また、ターゲットは死体の状態でも構わないとの仰せの事でしたのでいくつか案を出させていただきました。」



「我の方は準備がもうじき整う。後はお前らの働き次第だ。計画等々はお前に一任する。期待しておるぞ。」



「ははっ。」






☆☆☆




「おはようエルー。」

「おはようなの!なんか今日レイト元気がない気がするの!」

「うーん。なんか良くない夢を見た気がするんだけど、良く思い出せないんだ。」


「夢のこと気にしたらきりがないの!エルだって今日クマのぬいぐるみに埋もれて窒息死する夢みたの!」


「そうかなぁ。嫌な予感が気のせいだといいんだけどな。」

そうぶつぶつ呟いていると、急に額に痛みが走る。エルが親指でグリグリ押してきたようだ。


「エルの特別なおまじないなの!」

ほわっと優しく微笑むエル。


いや文句ナシに可愛いです。

エルのおまじないのお陰か気持ちが軽くなった。





「ユニーク:憑依で聖龍王になりました!」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「ファンタジー」の人気作品

コメント

コメントを書く