ユニーク:憑依で聖龍王になりました!

たい焼きの餡

32:予想通りでした

ただ今ギルドの受付にいます。いや、こうなるとはわかってたよ?でもここまで騒動大きくなるとは思わなかったな。

まずエルがレッドヘッドチョック(ペット化中)を抱えて入った所からすでに間違えていたと思うんだ。


最初はね、ただのぬいぐるみだと思われていたから良かったんだ。だがお腹が空いていたらしく人様が注文した料理を勝手に食べちゃったんだよね。
みんなもう呆然としてました、はい。

そして、依頼の報告、これね、なかなか受付嬢が信じてくれなかったんだよ。説明に30分もかかった。今日だけはカーマさんにいてほしかったかもしれない。

(あらん♡かわいい子ちゃんからそんなこと言ってくれるなんて♡すぐそっちにいくわねん♡)

き、気のせいだよな……。一瞬空耳が聞こえた気がするなぁ。うん、気にしない方向でいこう。



5分後

「はーい。お姉さん、かわいい子ちゃんが呼んでる気がしたから隣の国からはるばるやってきたわよん♡」

まぁ、たしかに困っていて、いた方がいいとかさっきいったけど、カーマさん呼んでる気がしただけで駆けつけてくるって……ん?隣の国?5分ぐらいしか経ってないのに……一体どうやってきたんだ?

「乙女には秘密が多いのよん♡」

はい、そういうことにしておきますよ。

そこからはカーマさんが円滑に事を進めてくれた。依頼は3日間ヘッドチョックの群れが現れなかったら達成になるらしい。エルのペットはレッドヘッドチョックの新種ということになり、彼ら(?)はエルのペットとして皆モンスター登録されることになった。何かやらかしたらエルの責任になるが、街の中を連れ回す許可がもらえた。

まぁ、一安心かな?

「この子たちが勝手に人の食べちゃったからレイトも一緒に謝りにいくの!」


はい。そうでした。最近僕は忘れっぽいみたいだな。



「ユニーク:憑依で聖龍王になりました!」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「ファンタジー」の人気作品

コメント

  • たい焼きの餡

    誤字訂正しました

    0
コメントを書く