ユニーク:憑依で聖龍王になりました!

たい焼きの餡

30:僕が空き地で決闘をやった意味について(戦闘シーン少なくてすみません。)

あの火竜達と戦うと服が燃えそうだからな。僕も龍の姿になっとくか。

「人化解除!」

久しぶりに聖龍の姿に戻った。こっちの姿も解放感があっていいんだよな。

「準備できたよ。」

「俺っち待ちくたびれたぞ。」
「さっさと始めようや。」

「じゃあ、エルがスタートって言ったらスタートなの!3.2.1……スタートなの!!」

「俺っち達からどんどん攻撃してしまうぞ。[[火魔法ファイヤートルネード]]」

さっきまで喧嘩してたのに息ぴったりだな。火と火が混じり合って上手く2人の魔法が融合している。


うーん。どんな攻撃で返そうか。
よく考えたら僕ってまともに戦闘経験ないんだよな。物理的単純作業(アリンキーとゴブリンをひたすら殴る)くらいだからな。

てかそんなこと考えているうちに魔法が目の前にっ!呑気に考え事している暇じゃなかった。
やばい。当たる!!!




…………?当たったんだよな?なんか生暖かい風が通り過ぎた気はしたが。龍になると感覚が変わるのかな?



ファイヤートルネードを打ち、やってやったぜ的な笑顔を浮かべていた火竜達がポカーンと呆気にとられていた。



次は僕の番か。聖魔法はもう使わないって決めたし、そっちが火魔法できたならこちらも火魔法にしようかな。

「火魔法……えっと火、ファイヤー?……火よ!」
や、やばい。魔法呪文覚えないからって最後適当に日本語で唱えてみたらなんかでかい青い焔が出てきた。

エネルギーが高すぎてこのまま保てる気がしないし、とりあえずぶつけるしかないか。




結果




ドゴオオオオオン。ばぎいいいん。ドカァァァン。





またやらかしますた。この前よりも魔力の減りが少ないから被害もそこまでにならないと思ったんだよ……はい。考えが軽率でしたね。反省しておりますとも。


空き地の広さが元の10倍くらいになってしまった。


木さん花さんそして数多のモンスターさん達、誠に申し訳ございませんでした。





「空き地でやった意味なかったの!」

ごもっともでございます。






火竜兄弟のアビリティ!

___________________

名前 なし
種族 火竜
職業 自称赤のヒーロー(笑)  兄
レベル 38

体 1350
魔 1100
魅 650


コモン  火魔法レベル:4 ・念話・直感
            体当たり・飛行・火竜のブレス(未)
            
           
ユニーク  合体(未)

レジェンド なし

__________________


___________________

名前 なし
種族 火竜
職業 自称赤のヒーロー(笑) 弟
レベル 38

体 1150
魔 1300
魅 650


コモン  火魔法レベル:4 ・念話・記憶
             疾走・飛行・火竜のブレス(未)
            
           
ユニーク  合体(未)

レジェンド なし

__________________



「ユニーク:憑依で聖龍王になりました!」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「ファンタジー」の人気作品

コメント

コメントを書く