ユニーク:憑依で聖龍王になりました!

たい焼きの餡

29:俺っちたちは赤のヒーローだ!

依頼は達成?とりあえずエルがペット化させてしまった以上どうにもならないので、街に向かって帰ることにした。

だが、歩いていて気になることが1つ、モンスターがどんどんその場から必死に逃げていくのだ。まるで何かに追いかけられているような……

「ねぇエル?」

エルは自分のペット(レッドヘッドチョック)達に夢中でニマニマしたまま反応がない。

「エルってば、聞いてる?」

エルはひたすら無我夢中でペット達を撫でている。

「エルーー?なんかおかしくないか?ここら辺の様子」

なんかブォーンと風を切る音がだんだんと近づいてきている気がする。

「こんなことってよくあることなのかな?僕この世界に来てからまだ日が浅いからよくわからないんだけど。」

今度は暗くなり始めた。地面に影が映る。えっ?影??






空を見上げるとそこには2頭の赤い竜がいた。



☆☆☆


「俺っちは正義の味方!赤のヒーロー火竜だぞ!お前っちが新しい聖龍王なのだな。悪いやつか見定めに来たぞ!」

「いや!俺っちこそが正義の味方!真の赤のヒーローや!悪いやつだったらぶっ飛ばすんや!」

「いや、俺っちのこの翼の色見るのだ!翼こそ竜の象徴、俺っちの方が絶対赤いのだぞ。赤のヒーローは俺っちだ!」

「いや、お兄っちより俺っちの方が尻尾が赤いやろ?翼だけなら、そこら辺に飛んでる羽虫と変わらんのや。俺っちこそが赤のヒーローにふさわしいんや!」


「…………。」

何か良からぬことが起こると思ったが、心配し損だったね。よし、無視してさっさと変な奴ら巻き込まれる前に帰ろう。

エルを見るとエルも無言で頷いている。


僕たちは静かにその場から立ち去った。



〜30分後〜

「はぁ、はぁ、はぁ、なぜ俺っちが話している間に勝手に行ってしまうのだ。探したんだぞ!」

「はぁ、はぁ、はぁ、最後まで話は聞きましょうってオカンから言われんかったんか?」


そもそも勝手にケンカ始めたのはそっちなのだが…

「えっと、僕たちに何の用で来たんだっけ?」

「さっき言ったのだぞ。お前っちが悪か正義か見極めるためにやって来たのだ!」

「そうや、だから俺っちたちと決闘をして欲しいんや。俺っちたちが勝てば王の座から降りてもらい、俺っちたちが負ければ、お前っちの部下に俺っちたちがなるっていう条件はどうや?」



「………。なあ、エル?決闘って断れないものなの?」

できれば僕は戦いたくない。今のところ部下欲しいとか思わないし、なにしろ僕は戦闘狂ではないのだ。

「断ることはできるけど、その後何度も決闘を諦めずに申し込まれることが多いの!だから、大概は受けて立つ人が多いの!」

つまり、断っても面倒くさいことになる訳だ。

「わかった。決闘受けて立つよ。その代わりこれっきりってことでいいかな?」

「「もちろんだ(や)!!」」

「じゃあ、あの空き地に移ろう。(できる限り自然破壊は防ぎたいからな。)」

「じゃあ、準備できたら俺っちたちに知らせてくれ。」

「うん。」





決闘は相手の命は奪ってはならないというルールはあるし、大丈夫かな?







「ユニーク:憑依で聖龍王になりました!」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「ファンタジー」の人気作品

コメント

コメントを書く