ユニーク:憑依で聖龍王になりました!

たい焼きの餡

27:気を取り直して行ってまいります

森の一部が聖域になったのは神の仕業でも天使の仕業でもなく、僕の仕業であったことがわかったことで、僕達は正式にBランクになるために依頼を受けることになった。

「どれがいいかしらん?うん、これにしたわ。(この依頼Bランクの割に難しかったからなかなか受ける人いなかったのよねん。)」


「カーマさん何かおっしゃいましたか?」

「気にしなくていいのよん。女の事情ってやつよん♡」

絶対今何か誤魔化された気がする。


「その依頼書をよく読んで気をつけて行ってくるのよん♡無事に帰ってきたらお帰りのキスしてあげちゃう♡」

命の危険か、心に深い傷を負うかという、僕には平穏に済むルートがないことがわかった。


Bランクからは依頼書がより詳しく書かれている。

__________

依頼:レッドヘッドチョックの討伐

適正ランク:B

説明:レッドヘッドチョックが非常に増加したために火山    の鉱物が採れなくなってしまった。沢山いるので見つけたらとにかく狩ってほしい。素手で戦うのは針を刺して くるので危険だ。武器を装備する、又は丈夫な手袋をすることを推奨する。

__________

「とりあえず剣は一応持っているから、手袋があったほうがいいかな。よし、手袋買いに行こっか、エル!」

「食べ物も買いに行くの!」

「そうだな。次こそは途中でお腹鳴らしたくないもんね。」

「レイト意地悪なの!」

ぷんすかしながら頰を膨らませるエルもかわいいな。

「ユニーク:憑依で聖龍王になりました!」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「ファンタジー」の人気作品

コメント

コメントを書く