ユニーク:憑依で聖龍王になりました!

たい焼きの餡

25:カーマさん恐ろしや

いきなりカーマさんが現れた。


受付嬢がギルドマスター呼んで来ますと言った瞬間にゾワっと鳥肌が立った気がしたけど、やっぱそうだったんだね。

聞いてから一瞬で移動してくるなんて、どんな身体能力しているんだろうか。ゴツゴツのゴリラみたいな筋肉は伊達ではないようだ。

カーマさんただの受付嬢(?)かと思ってたからね、まさかギルドマスターだなんてな。少しは見直さないといけないかも…

「あら〜♡かわいい子ちゃんじゃない?ここにいるゴブリンちゃんたちはかわいい子ちゃんが全部狩ったのぉ?」

ゴブリンにもちゃん付けするんだね。

「はい、そうですが…」

「1日でよく頑張ったわねん♡」

褒められても全く嬉しくないのは何故だろう?


「マスター疑わないのですか?レイトさんは、初依頼です。しかも体系的にも細身ですし、魔法職だとしても媒介となる魔道具を持っていませんよ?」

「かわいい子ちゃんは強いわよん。何しろワタシのお気に入りよん♡会った時からビンビンきたのよ。」

ビンビンって何?だからあんなに視線向けられてたのか。

「マスターが言うのであれば、大丈夫です。不正行為もないようですね。レイトさんのランクですが…。」

「Bにあげちゃって良いわ。あと報酬は金貨1枚と銀貨5枚よろしくねん♡」

「い、いきなりBランクですか!?ギルドの決まりだと最低条件としてせめてEランクを20回依頼を達成させることでDランクとなると聞いたのですが…それもD、Cを吹っ飛ばしてBランクですか…。」

僕も急にランクアップできるなんてリルさんから聞いてないぞ。

「かわいい子ちゃんは少なくともSランクの強さはあるとワタシの勘がいってるのよん♡まぁ、でもわかったわよん。一応仮にしておいてBランクの依頼成功させたら正式にBランクということにしようかしらん。」


「わかりました。そういうことにしておきまs….「ギルドマスター報告だ!!!森の一部が、聖域化しているぞ。」

「聖域化?神様か天使様の降臨かしら。とりあえず、預言者と聖職の者たちを集めて!」

「了解しました!」

え?神様ってあの神さま?ていうか神様とかこの世界にそんな簡単に来れちゃうの!?

「ユニーク:憑依で聖龍王になりました!」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「ファンタジー」の人気作品

コメント

コメントを書く