ユニーク:憑依で聖龍王になりました!

たい焼きの餡

23:あっやりすぎた。治せば大丈夫だよね?

カーマさんにおすすめの依頼を教えてもらい、僕達は森に行くことになった。

ゴブリン狩りだ。

いや、この異世界にもゴブリンいるんだね。初めて会ったのアリンキーだったから、てっきりテンプレのゴブリンの変わりにアリンキーがいるのかと。

特に今、僕達が歩いているコタンの森はゴブリンが増殖しやすいらしい。だから、狩れば狩るほど喜ばれると言う事だ。

「ここから300メートル先ゴブリンの集落があるの!」

またもや、エルの魔道具の登場みたいだ。ナビ・モンスターという魔道具でモンスターの位置を教えてくれるらしい。名前、まんまだな。

ぐぅーーーー。

「……。」

「お腹すいたのか?たしかにもう12時だしね。さっさと依頼終わらせてご飯にするか。」

「そうしてくれると助かるの!」

よほど、恥ずかしかったのか、エルは顔を真っ赤にしながらそう答えた。

恥ずかしがっているエルもかわいいな…無意識に僕の手はエルの頭を撫で撫でしていた。


☆☆☆

僕達は時間短縮の為、ゴブリンの集落に走って(エルはルンルンに乗って)向かった。

いやー、アリンキー程じゃないけど、やっぱり沢山いたよゴブリン。しかも、ゴギャアァァァとかブギャアァァァとか声が大きく、不快になるような鳴き声だ。アリンキーは匂いはあれだけど、鳴き声は無く意外と静かだもんな。足音のカサカサくらいだ。

自然を破壊しないようにと手加減をしながら、筋肉に力を極力入れないように頑張って殴っていたのだが、うるさいのがあまりにも続くもんだから、だんだんとイライラしてきた。手に力が入ってきてしまってるのがわかる。だが、僕がはやく終わらせてこの嫌な鳴き声から解放されたいという気持ちのあまりさほど気にせず、このゴブリンただひたすら殴るという作業を続けてしまった。

「ラスト1匹だ。」

ラスト1匹を殴り終わり、これで帰れると思って、心を落ち着けて辺りを見回して見ると……。


やってしまった。

周りの木がほとんど折れて倒れていたり、遠くまで吹っ飛んでいたりと、あまりにも悲惨な状態だ。
いくらこの森にモンスターが多いからってこの状況を説明できるものはない。自然破壊もいいとこだ。

ため息をつきながら座り込んでいると、ルンルンに乗ったエルがやってきた。

「何を悩んでるの!エルは魔力が足りなくてできないけど、レイトなら魔法で治せるとエルは思うの!」

あ、なるほどな。一応アビリティにも全属性魔法ってあるし、とりあえず聖龍だし、聖魔法やってみるか。

僕は、目を閉じ、ここら一体に降り注ぐ暖かい光の雨を想像する。自然を生き物を、癒してくれるようなそんな光を想像する。

イメージが固まった所で、手に集めていた魔力を空に打ち上げた。


空全体が眩しくなり、穏やかな光が降り注ぐ。

僕の周りに植物がものすごいスピードで育ち始め、木になり、大木になっていく。

しばらくたつとだんだんと木々の成長が収まっできたので魔法を止める。

さっきまで荒地だった大地が自然あふれる世界に変わっていた。



嬉しそうに葉っぱがゆさゆさと揺れる。
心なしかここ一帯がキラキラ輝いている気がする。

「木たちが喜んでるの!」

「うん、そうだね。」

ちょっと前まであんなにイライラしてたのに、そんなことをすっかり忘れて、ほっこりとした気持ちで、僕はエルと町へ戻った。

「ユニーク:憑依で聖龍王になりました!」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「ファンタジー」の人気作品

コメント

コメントを書く