ユニーク:憑依で聖龍王になりました!

たい焼きの餡

21:僕が想像していたのの代わりに○○○がいた

僕達は身分証になる「冒険者組合カード」なるものを作りに冒険者ギルドまで来ていた。


この街は結構栄えている方みたいだ。
道路も大通りは広めに作られていて、馬車が4台すれ違っても、全然余裕がある。
街を行く人を見てみると、女性はロングスカートが多く、男性はまぁ、普通にズボンが多い。ジンズを履いてる人はいなかったが。

しかしこんな人混み見たのいつぶりだろう。
ずっと森の中で野性的な生活を送ってたからな。
逆に人がたくさんいることに違和感を感じる。




看板には剣と魔法の杖らしきものがばってんに交差されたマークが刻まれていた。なるほどな。この世界は文字が読めない奴がいるからわかりやすいようにしているのか。他の建物にもよくよく注意を払って見ると大体はわかりやすく示すため、象徴のマークが掘られている。

「ぼーっとしてないで、早く冒険者ギルド入るの!」

そう言ってエルが僕の服の袖を引っ張って建物の中に引きずり込む。

1階は受付があるみたいだ。
こういうのは長い列の所ほどかわいい女の子が受付やってるパターンかな。まぁ、こんなクズな僕がかわいい女の子に話しかけても嫌がられるだけだよな。1番人が少ない列に並ぶ。…っていうか誰も並んでいない列に僕達は向かった。


「うふん♡初めての子かしらん。初登録なら、ここにニックネームと年齢、得意なことを書いてねん♡」


そこにはムキムキの坊主のオカマがいらした。しかも話し方や視線がなんだか粘っこい。この人どうして受付に採用されたのだろう。


………。やっぱ隣の列に並び直そうかな。






「ユニーク:憑依で聖龍王になりました!」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「ファンタジー」の人気作品

コメント

  • バグ

    続きはよ

    2
コメントを書く