ユニーク:憑依で聖龍王になりました!

たい焼きの餡

15:僕は再び人間になりました。

「エルのお家に入るの!」

目の前には白いワンピースを着た美少女、いや美幼女のエルさんがおられるのでござる。

………いや〜女の子の家に入るなんて初めてだから緊張してしまった。

「では、お言葉に甘えてお邪魔しま………。」


お邪魔できなかった。何故かって?

よく思い出してごらん。
僕ね、中身は人間だけど、外見は龍なのですよ。

そりゃ、龍が、人間の家入れるわけないよな。
身の程知らずで申し訳ございません。

そんな立ち往生している僕に気づいたのか、エルさんがはっと表情を変えた。

「そうだったの!忘れてたの!エルは今人型だったの!」

そういえば僕、ユニーク:人化があるんだった。

「あの…僕ユニーク:人化持っているんだけど、それでどうにかなったりしないかな?」

「それ持ってる奴なかなかいないの!さすがレイトなの!それならお家招待できるの!今からエルが教えるの!」

「ありがとう、エル。」

これで、また人として暮らせる可能性が増えてきた。
正直、日本人だったから森の中で一生寝泊まりするのはきつかったのだ。

まず、僕の前に鏡が現れた。
エルさんが、魔法で出したみたいだ。

「自分が人間の姿で映っていることを想像するのが一番近道なの!」

「うん。やってみるよ。」

思ったんだけど、この体元はリルさんだから、人化すると女になったりはしないよね?

……とりあえず、今は集中しよう。

目を閉じて、精神を統一する。
僕は人間、人間、人間…
足の指から、爪一本一本想像し、足首、膝、腕と想像していく。
首まで想像し終わった、よし次は顔だな。顔はどんな感じにしようかな……




「もう、目を開けていいの!」

「でもまだ顔は想像し終わってないよ?」

「人化において、顔は心の美しさで強制的にきまってしまうの!想像しなくても大丈夫なの!」

目を開けた途端、目の前に言葉に表せないほどの美少年がいた。髪の毛の色も肌の色も白。目は灰色だ。年齢は17くらいかな?

えっ誰?

首を傾げると、鏡に首を傾げた美少年がいる。

まぁ、ここにはエルと僕しかいないから、これ僕なんだろうけど、未だに信じられない。なんか神々しいオーラ放ってるし。

「やっぱりレイトは綺麗な心の持ち主なの!」

「全然そんなことは無いと思うけど…ところでなんで元リルさんの体なのに男になったんだろう?」

人化したら、元の僕の人間の姿(ブス)かリルさん(女)になっているとおもったんだけどな。

「魂によって体型は決まってくるの!レイトの魂は男だから男になったの!」

ちなみにどれだけ人間に近い姿になれるかは心の汚れに関係し、年齢は精神年齢が反映されるらしい。


500年も生きて、精神年齢5歳くらいのエルさんって…
いくらなんでも若々しすぎるだろ。

エルは今まで人化の能力を持った魔物は見たことあるらしいが、どれも人といえるような姿ではなかったらしい。どちらかというと、大部分は魔物、腕とか一部分だけ人間といった感じた。

エルが人化を習得しようとした時も最初はそんな感じだったらしい。

毎日毎日鏡の前で練習を続けた結果、10年間かけてやっと人間の姿になれたらしい。

「鏡いらなかったの!」

ちょっとエルさんいじけているみたいだ。
そりゃ、10年間も自分はかけたのに、一瞬で目の前でやられてしまったら、僕でも悔しいと思うな。
僕の場合は元々人間だったのと、ユニークであるせいだとも思うんだけどね。











「ユニーク:憑依で聖龍王になりました!」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「ファンタジー」の人気作品

コメント

コメントを書く