ユニーク:憑依で聖龍王になりました!

たい焼きの餡

14:リルさんの娘さんは美○女なのである

朝起きて飛び始めて3時間、あと30分ちょいで、目的地に到着しそうです。3ヶ月以上歩いてかかる道のりを2日くらいで行けてしまうなんて、やっぱ聖龍チートだよな。

リルさんの娘さんってどんな人だろうな?
きっと美人で落ち着いた感じのお姉さんかな?

ていうか、リルさんの娘なんだから龍か、危ない危ない。

そんなことを考えているうちに目的地に到着しました。
はい。でも目の前に広がるのは人が住めるサイズの別荘といった感じですね。

ここの付近を探索してみるも、ここから半径10キロ以内には洞窟も何もないですね。

この家の人に聞いてみるか。何か知ってるかもしれないし。
ここの家蔓とかが家の壁とかにたくさん張り付いていてなんだか不気味な雰囲気が…

聞きにくい。

ていうかさ?僕って聖龍になっちゃったけど、結構体でかいし怖がられちゃうかもだよね?

うーん。どうするべきか。と悩んでいると、ドアが開き、5歳位に見える少女が出てきた。

「ママなの?…………な訳ないの!お前何者なの!」

「僕はリルさんの友達であり後継者のレイトだよ。」

「ママほどの聖龍なんているはずないの!嘘なの!ママの体の中になんでいるの!」


「リルさんが死んだあと僕のユニーク:憑依が暴走してこのようになってしまったんだ。」

僕は、リルさんがと出会ったこと、後継者になった経緯、ここまできた理由などを説明した。

「確かに辻褄が合ってるの!しかもこのメモ、ママの字なの!疑ってごめんなの!」

さっきから気になってたんだけど、ママ?
えっ!リルさんって女の人だったの?

「ママってもしかしてだけと、聖龍王エリクサリルドラゴンのこと?」

「そうなの!自慢のママなの!もう死んじゃったけどなの…,。しきたりで後継者以外、死を見送ることは禁じられているの!ほんとはそばにいたかったの!」

そう言って少女は泣き出してしまった。

そんなしきたりがあったのか…。
だから孤独に死んでいくことになっていたかもしれないとリルさん言ってたんだな。

「リルさんは最期は幸せそうに旅立って行ったよ。」

思わず、抱きしめてしまった。
寂しそうにしていたから。

「なら、よかったの!レイトいい奴なの!ママ見送ってくれたのレイトでよかったなの!ありがとうなの!」

ほにゃあと、少女は笑った。

「そういえばなんていう名前なの?」

「種族名しかドラゴンはないの!エリクサリルドラゴンなの!でもママにはエリーって呼ばれてたの!ちなみに今500歳なの!」

えぇーー!ドラゴンだったの?全くその面影がないのだけれど。美少女、いやどちらかというと、美幼女だよ?なのに500歳…

とりあえず、エリーて呼ばれてたって教えてくれたってことは僕もそう呼んでいいのかな?

「じゃあ、僕もエリーって呼んでいいかな?」

「レイトだけ許すの!」

うん。なんだか微笑ましな。見た目と年齢に100倍の差があるけど。



「ユニーク:憑依で聖龍王になりました!」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「ファンタジー」の人気作品

コメント

  • たい焼きの餡

    ばれたかあぁーー

    1
  • アンチ野郎

    出てきてしまったか作者の性癖

    2
コメントを書く