ユニーク:憑依で聖龍王になりました!

たい焼きの餡

12:リルさんからの贈り物

やることはやったし、ここから旅立つことにするか。

ここっていうのは僕たちが住んでいた洞窟のようなものだ。
洞窟っていっても生活できるようにきちんと作り変えられている。
セキリュティも完璧だ。入り口には、認識を阻害する魔法がかけられていて、登録した者しかそもそも入り口を見つけることができない。
中は、ハードダイアモンドという金属を材料にして作られた柱と壁で仕切られている。
そういえばエルさんが、ハードダイアモンドはわしが開発したとても頑丈な金属なのじゃ!とか自慢げに製法とか説明してくれたんだっけな。
実際に自分でブレス吐いて……どうだすごいじゃろ?わしのブレスに唯一耐えられる金属なのじゃ!これなら大抵の魔物が来ても大丈夫なのじゃ!

とかとか言って…というか、それ以外の金属全部リルさんのブレスで溶かせちゃうんだな。恐るべし。
まぁ、リルさんのブレスにも耐えられるんだ。何があっても大丈夫だという安心感は持てるよな。


そんな事を考えつつ、僕は1番奥の部屋にある食料室に向かった。


部屋の鍵を開けるキーは魔力だから、僕の魔力を流す。
中に入ると袋と、これを旅立つときは持ってくのじゃと、書かれたメモが置いてあった。

メモの裏側には
パン×100
焼き芋×30
オーク肉のステーキ×100
リンプル×30
皿×10
コップ×5
鍋×5
スプーン×5
フォーク×5

普通で頑丈な剣×10
ナイフ×10
冒険者の服上下セット×10
魔法使いのコート×5
テント×1
毛布×1

地図×1

オーク肉は、高級な豚肉みたいなもので、リンプルは林檎みたいというか、ほぼ林檎だ。

さすがリルさんよく考えてくれているな。
必要だと思ったものは全て揃っているし、思いつかなかった便利なものまで入っている。3ヶ月は余裕で過ごせるな。

袋に手を突っ込んで想像するだけで欲しいものが取り出せるみたいだ。更に食べ物は出来立てあつあつだ。空間魔法と、時間魔法が使われているんだろうな、きっと。

最後に、娘に会いに行っておくと後々役にたつだろうと地図に星印を書いておいたと、書いてあった。


本当にリルさん何から何までありがとう。






「ユニーク:憑依で聖龍王になりました!」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「ファンタジー」の人気作品

コメント

コメントを書く