ユニーク:憑依で聖龍王になりました!

たい焼きの餡

8:魔力操作!

『驚いたわい。本当にできたんじゃな。わしは魔眼を持っておるからわかるのじゃが、レイト、今少し魔力動かしたじゃろ?予定変更じゃ!魔力を感じるところまでしか教えられぬと思っておったが、目標を魔力の精密操作に変更するかのう。道は厳しいが、頑張るのじゃ!』


『はい!』

それから僕は魔力操作をより精密にする訓練をひたすらやった。すごく難しかったが、胴体、うで、足、指へと段々と日を追うごとに細部まで魔力を行き渡らせることができるようになっていった。
どうやら僕は魔力があまりにも小さいために操作しやすかったみたいだ。

魔力の小ささと操作のうまさ世界一とか、喜んでいいのか悲しんでいいのか全くわからない。

でも、そんなこんなでリルさんとの残された時間はあと1日。
今まで考えないようにしていたが、リルさんと過ごせる時間はあと僅かだ。

そう思うと凄く切ないというか、泣きたくなる。
だが、泣いていてもリルさんが悲しむだけだ。
聞いたところ、リルさんもここ100万年くらい1人で寂しかったようだ。
明日は絶対リルさんに寂しい思いなんてさせない。
たくさん話して、たくさん笑って、笑顔で見送るんだ…


「ユニーク:憑依で聖龍王になりました!」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「ファンタジー」の人気作品

コメント

  • アンチ野郎

    リルさーーん死なないでぇ〜〜

    2
コメントを書く