ユニーク:憑依で聖龍王になりました!

たい焼きの餡

7:魔法の基礎の基礎♪

リルさんに世界の常識についてだいたい教えてもらったが、僕も一辺に覚えられなかったこともあって残りあと1週間半くらいとなってしまった。

これからリルさんに強くなるための基礎の基礎を教えてもらうところだ。

体力の方は最悪教えなくてもモンスターと戦えば嫌でも身につくらしいので、魔法から教えてもらうことになった。

『まず、魔力操作からじゃ。わしがやるからレイトはわしの体に触れて魔力を感じ取るのじゃ。』

僕はリルさんの足に手を当てた。
すると、なにか懐かしく暖かいようなものが血管とは別に流れているのがわかった。

『何か暖かいものが流れていますが、これですかね?』

『そうじゃそれじゃ。レイトは飲み込みが早いのう。少し驚いたわい。つぎに自分の中にある同じものを感じてみるのじゃ。』

目を閉じて集中する。体幹のあたりに暖かい感じの球があるのを感じた。

『どうじゃ?わしの娘でも1週間はかかったそうじゃからまだできなくても気にしなくていいからの。』

『いや、もうできました。』

『…………。』

僕はそれを少し動かす。

リルさんは目を見開いて固まった。

「ユニーク:憑依で聖龍王になりました!」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「ファンタジー」の人気作品

コメント

コメントを書く