ユニーク:憑依で聖龍王になりました!

たい焼きの餡

5:友達第1号



『あの、聖龍王エレクサリルドラゴンって名前が長いのでリルさんって呼んじゃダメですか?』

『良いぞ。そんな風に呼ばれることは初めてだからなんだか嬉しいのう。』

照れて答えるドラゴンのリルさんの姿を見て、一歩心の距離が近づいた気がする。

その後僕は自分が異なった世界から召喚されたこと、自分がいじめられてきたことなど自分の全てを話した。友達もいないし、親にも心配かけたくなくて、そんなに自分の感情をさらけ出したことがなかったから、一気に自分の感情と共に涙が溢れ出た。

リルさんは真剣に僕の話を聞いてくれた。

『今までよく頑張ったのう。人間は不安定な生き物なのじゃ。悪にも善にも傾きやすいのじゃ。わしはの、人間の性格を色で見ることができるのじゃ。レイトは暖かい白色をしておる。レイトは優しい奴じゃからこれからいっぱい友達ができるじゃろう。まぁ、わしが友人第1号じゃがのう。』

……そう言って笑いかけてくれるリルさんのほうが優しいよ……

そう涙を流しながら僕は笑顔で頷いた。

「ユニーク:憑依で聖龍王になりました!」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「ファンタジー」の人気作品

コメント

コメントを書く