ユニーク:憑依で聖龍王になりました!

たい焼きの餡

3:邪魔者な僕


まあ案の定といいますか、とんでもなくアビリティが低かったですね、つまり逆チートですね、はい。
べっ別に期待してたわけじゃないんだからね!とこんな人間以下の者が言ってもキモいだけだな。

「無事検査が終わったようだな。皆にはこれから1年間この王宮で訓練を行ってもらう。
活躍を期待しているぞ。今日は部屋でゆっくり休んでくれ。ただ真澄君には少しこの後残ってもらおう。」

みんな自分のアビリティに満足したようで、嬉しそうに王の謁見の間から退出していった。
中にはこの後罰やら何やらやられるであろう境遇の僕に嘲りの笑みを浮かべてくる者もいたが…

そんなわけで、今僕は一人で王の前にひざまついております。
目の前には王が軽蔑の眼差しを向けてニヤニヤと笑みを浮かべておられます。

「お前にはあることをしてもらう。方法は簡単だ。この紙の上に乗るだけで良いのだからな。
こんな豚よりも価値の無いようなお前に価値を見出してやっているのだ。感謝するが良い。」

隣に立っている補佐官のような奴も満面のの笑みで、深く頷いている。

どうやらこれは魔法陣で古代の物のようだ。ただどんな効果があるか、今の技術では解析できなかったために僕で人体実験がしたいらしい。もしかしたら死ぬ可能性もある。
だが、もういい。どうとでもなれ。どうせクラスの皆と一緒にいても、ここから逃げ出しても酷い仕打ちを受けるだけだ。


目を瞑り、紙の上に乗る。

魔法陣が黒色に輝き出し、僕は姿を消した。

「ユニーク:憑依で聖龍王になりました!」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「ファンタジー」の人気作品

コメント

コメントを書く