ユニーク:憑依で聖龍王になりました!

たい焼きの餡

2:やっぱりね





最後に僕が降り終わる。

でかいお城が目の前に広がっていた。
首が痛くなるほど見上げても、頂上が全く見えない。

こんなお城聞いたことない。

道歩く人もドレスとワンピースの間のような服を着ていたり、鎧を着て武器を持っている人も多数見られる。
まるで中世ヨーロッパのようだな。


ふと、目の前をみると門が開き、みんなお城に入っていく。
ここはどこかとかはとりあえず今は置いておいて、僕は進むことにした。


どうやらここは王宮だったようだ。
王と謁見させてもらえるらしい。
真っ白な鎧を着た男が僕たちにひざまづくよう指示した。

「よくぞ、来てくれた。どうか、お前達にこの世界を救ってほしい。」

この世界はどうやら異世界と呼ばれるところみたいだ。
魔物がたくさん増え、更に軍まで作るようになった。
このままでは人間側が負けてしまうということで、僕たちは召喚されたらしい。

異世界人はみんなスペックが高く、強い者は一人で50人分の兵士にも匹敵するらしい。
自分の能力が分かる機械があるらしく、一人一人アビリティを検査されることになった。


まず率先して僕をいじめて来た中心人物 信条 建人が検査を受けた。
検査をした人の目が見開かれ、固まった。
____________________

名前  信条 健人

種族  人

職業  勇者

レベル 1

体  500
魔  300
魅  420

コモン     光魔法
ユニーク 聖剣使い

_______________________

「で、伝説の勇者様!?」

皆に画面で提示された。
王も固まっている。
どうやら予想通りと言うか、とんでもないチート能力を持っていたようだ。
(ちなみに「体」は体力、「魔」は魔力、「魅」は魅力を表しているらしい)


「おぉぉぉぉぉ!!!!」
場が湧き上がる。

王もご満悦のようである。
「これは期待ができそうだ。どんどん他の者も検査を始めてくれ。」

次々と我よ我よと人が押し寄せる。
僕を押しのけ、どんどん皆が並んでいく。
トボトボと僕は最後尾に並んだ。

みんな最低でも100は超えていて戦闘職のようだ。
終に僕の番が来た。
どうか高望みはしないからどうか普通であってくれと願う。
_________________________
名前  真澄 冷斗

種族

職業  人

レベル 1

体 1
魔 1
魅 1

 コモン  

 ユニーク ??
_________________________

はい??これ人間ですか?
赤ちゃんでも10は体力、魔力共にあるらしい。

しかもスキル全くない。
僕は他の世界に来ても恵まれないのか。

「やっぱな、お前にはふさわしいアビリティだ。しかも職業 人ってまじうけるな。人になりたーいってやつか?」

いじめの中心人物、信条がそういうと、みんなが見下し、笑い出した。

「ユニーク:憑依で聖龍王になりました!」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「ファンタジー」の人気作品

コメント

コメントを書く