弱者

中津 国衙

人は
いずれこの世を
去らねば
なりません
人だけでなく 
命を持った
全ての
生命に
やってきます

死を恐れるな

そんなことを人は
よく言います
正直
僕は無理でした
本当に
死は
恐くありませんか
私にとっては
とても恐いものでした

死んだらどうなるのかな

よくそう考えました
そして
いつしか
自分なりに
答えを見つけました
あくまでも
予測です

「弱者」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「詩」の人気作品

コメント

コメントを書く