弱者

中津 国衙

曇り

曇りました
青空は全く見えません
でもこんな空も
また
一つの楽しみです

この柔らかそうな
白い
雲が
天一面に
広がっています
こんな
白い雲が
僕はまた
好きでした
(豪雨のときのようなどす黒い雲は大っ嫌いです)

雲の合間から 
光が
差し込んできています
その光は
僕は
好きでした

「弱者」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「詩」の人気作品

コメント

コメントを書く