恋死の高校生活

山木 美涼介

10話 絶体絶命

美香!!

ドアを開けて入ってきたのは美香だった。

(くそ、、、雄一のやつ、、、ちゃんと見張っとけって言ったのに、、、)

「な、何してるんですか」

そう武下先輩たちに問いかけた美香の声は震えていた。

「あれれ、みちゃった~?」

武下先輩は笑いながら美香を馬鹿にするように言った。

「今ね~俺ね~すごくストレス溜まってるんだ~」

武下先輩は、そう言いながら美香に近づく。

美香はおそるおそる後ずさりするが、武下先輩に腕をつかまれた。

「きゃ!やめてください!」

「逃がさね~ぞ~」

武下先輩は美香の両腕を背中にもっていき、持っていたロープで縛った。
そして、近くにあったガムテープで美香の口をふさいだ。

「ん、、、んん!」

必死に抵抗しようとするが、男の力にはかなわない。

「さーて、、、どーやって痛みつけよーかなー」

俺は、体が思うように動かず、何もできない。

(くそお、、、どうする。
今俺が出ても、男の先輩三人には歯が立たない。
かといって何もしない訳には、、、)

「おい武下!」

窓から廊下を見ていた武下先輩の一人の仲間が言った。

「なんだ?」

「向こうから、先公(先生のこと)が来てるぞ!」

「なに?」

俺も少し顔を出し、のぞくと、担任の西本先生がこっちに向かってきていた。

「くっそ、バレたらまずい、ずらかるぞ」

武下先輩は、美香を掃除箱の中に入れて、教室から出て行った。

そして西本先生も教室を横切り、去って行った。

(そうか、この間に俺が来て、掃除箱の中の美香を見つけて、戻ってきた武下先輩に殴られて死んだんだ、、、)

だとしたら、早く美香を助けて、ここから出ないと!

俺は急いで掃除箱を開け、美香を解放した。

「なんで私がここに居るってわかったの?
ずっとここに居たの?」

美香、口のガムテープがとれるやいなや、色々なことを俺に聞く。

「話は後だ、とりあえずここから出ないと、、、」

「そうはさせねーぜ」

!!

振り向くと、ドアの前に武下先輩と二人の仲間が立っていた。

くそ、間に合わなかった!

「恋死の高校生活」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「学園」の人気作品

コメント

  • ノベルバユーザー195124

    この表紙絵は大丈夫なんでしょうかねぇ?

    3
  • アカツキ

    読ましていただきました。
    とてもおもしろかったです!
    次の話も楽しみです。

    0
コメントを書く