恋死の高校生活

山木 美涼介

1話 プロローグ

俺の名前は亀島タクト。
和歌山県新宮市の坂並高校に通う高校二年生だ。

今通っているこの通学路も、1年と6ヶ月
通っている。
10月の初めに見える紅葉と銀杏の
コラボレーションが、やけに目を焦がす。
並木道を通っているのに、前方には高い山が
見えるのが似つかわしい。

!!

何が頭を叩いた。

「おはよう!タクト!」

こいつは、同じクラスで同じバドミントン部所属の
黒田美香。
驚くほど胸がデカいので、密かに男子からの
人気は高い。
そんな美香と仲がよい俺は男共からよく、
とても強く鋭い目線を感じる。

「何でそんなに不機嫌なのよ~」

朝から頭を叩かれ自然と顔が悪くなっていた。

「ってか、頭結構痛いんですけど!?
    後遺症残ったらどうしてくれるんだよ!」

「いや、残る訳ないじゃん!」

こんなしょうもない会話を交わすのも、日常の
ささやかな楽しみだ。

「そう言えば今日、バドミントン日本代表の
    山下選手が世界大会の決勝戦やるらしいよ!」

「おっ、まじか!
    覚えて置かないと、、、」

美香と話していると、あっと言う間に学校につく。



この時の俺は、これから過酷な恋と戦争が
始まることなど、知るよしも無かった。




「恋死の高校生活」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「学園」の人気作品

コメント

  • 山木  美涼介

    ありがとうございます!
    今作成してます!
    待っててください!

    0
  • 日向葵

    はじめまして!
    コメント、応援ありがとうございます^_^
    今後が楽しみな印象を受けました!
    また楽しみにしています!

    1
コメントを書く