最強になって異世界を楽しむ!

水泳お兄さん

前座

「そこの転移者にも興味はあったのだがな」

 最大級の警戒心を向けるハラルを気にもとめず、ラースはワタルを見ると、落胆したようにため息を吐いた。

「剣を合わせてみて感じたが、論外だな。だがまあ、力を取り戻したハラルに加えて、神殺しもいる。ここに来たのもまったく意味がなかったわけではなさそうだ」

 今のラースの関心は、5人の中でもハラルとレクシアにのみ向けられている。

「それはハラルとレクシア以外は、相手にもならないってこと?」
「正確にはお前達全員相手ではないが……そうだな。その2人以外は警戒に値しない」

 誇るわけだもなく嘲笑するわけでもなく、さも当然と言わんばかりにラースはそう告げる。

「ハッタリではなさそうだな」
「実際、わしらの攻撃は通用するかわからんしのう」

 それを聞いて、舐められていると怒りを覚えるかと思えば、エレナとマリーは実力差を理解した上で、冷静に話す。

「でもやるんでしょ?」
「当たり前だ」
「もちろんじゃ」
「待ってください」

 それでも戦うために武器を構える3人を、ハラルが止める。

「癪ですが、ラースの言う通りまともに戦えるのは私とレクシアだけです。3人は私たちの援護を」
「断る」

 ハラルの言葉を、ワタルはきっぱりと断った。
 まさか途中で言葉を中断されるとは思っていなかったハラルは、驚いたようにワタルを見る。

「……ワタル、さっきわかったでしょう。神器を持ったあなたでも、ラースを動かすことすら出来ませんでした」
「さっきはね」
「ワタルくん、ハラルちゃんすごく強くなってるんだよ。そんなハラルちゃんと同等以上の強さってことだから、言い難いんだけど……」

 かなうわけながない。
 そう言いたいであろうレクシアへ、ワタルは笑顔を向ける。

「大丈夫。俺達も強くなってるよ。2人はそこで見てて」
「ちょっと」
「ハラルちゃん」

 慌てて止めようとするハラルを、レクシアが腕をギュッと掴んで引き止める。

「ワタルくんたちを信じようよ。仲間でしょ?」
「う……わかりました。ですが、私とレクシアも危ないと思ったら手を出しますからね」
「うん、ありがとう」

 ワタルがそう言ってデュランダルを引き抜き、ラースの元へ体を向けると、その両隣にエレナとマリーが立つ。

「先陣はエレナ。マリーは魔法で援護をお願い」
「任せておけ」
「了解じゃ」

 それぞれ武器を構えるワタルたちに対して、ラースは心底つまらなそうに、一応モラルタを構える。

「何を話していたかと思えば……死にたがりか?」
「そうやって舐めてると痛い目見るよ」
「前座が……調子に乗るなよ」

 ワタルの発言に苛立ちを覚えたラースは、表情を引き締めて今度はしっかりとモラルタを構えた。

「さて……カプリースとの戦闘では不完全燃焼だったからな」

 エレナは口に白夜を咥え、両手を地面につく。
 その姿はカプリースとの戦闘の最後に見せたものであり、まるで四足歩行の獣のような出で立ちをしている。

「私の最速、捉えられるものなら捉えてみろ!」

 地面が砕けるほどの力を四肢に込め、エレナが消えた。
 エレナが瞬間移動など使えるわけがないため、それは比喩表現でしかない。

 比喩表現でしかでしかないはずなのに、それ以外の言葉では表せないほど、その場の誰もがエレナを視認できなかった。

「……は?」

 片足に強い衝撃を受け、大きく体勢を崩したラースは、何が起きたのか理解できないような声を出す。

「片足を斬ったつもりだったのだが、刃が通らんな」

 ラースの後方、武器の間合いから既に離れていたエレナは、予想通りという冷静な声音でラースを見ていた。

「避けられなかったみたいだが、まさか前座の動きが見えなかったわけではないだろう?」
「っ、貴様!」

 笑みを浮かべ煽るエレナへ、殺意の篭もった眼差しを向けるラースだが、注意が散漫になるのは命取りとなる。

「レーヴァテイン」

 ラースの前方に火柱が上がる。
 いや、それは火柱ではなく、巨大な炎の剣だった。

「防いでみるとよい」

 禁忌の力を使い、限界まで収束されたレーヴァテインを構えたマリーは、それをラースに向けて突く。
 その瞬間に解放されたレーヴァテインは、ラースを貫かんと真っ直ぐに向かっていく。

「そんな炎ごとき!」

 避けられないと悟ったラースは、闇の炎をマリーのレーヴァテインに向けて、相殺しようと放つ。
 簡単に相殺、いや押し返せると踏んでいたラースの予想は、マリーの炎に包まれることで大いに裏切られた。

「バカなっ!?」

 レーヴァテインの直撃を受けたラースは炎に身を焼かれ、ダメージを受ける。
 しかし、それでも受けた表面的なダメージだけであり、戦闘不能になるには程遠い。

「頑丈じゃな。全力で放ったつもりだったんじゃが」

 自身の最大火力でのダメージが思ったよりも少なかったマリーは、少し不機嫌そうにそう言ってため息をつく。

「貴様ら程度で、俺に傷を付けられるわけがないだろうが!」

 ラースは怒りと殺意を撒き散らしながら、2人にそう叫ぶ。
 ハラルとは違い、ラースは完全に神としてこの世界に降りてきている。
 神の体というのは生半可な攻撃ではダメージどころか、逆に攻撃した武器が破壊されるほど頑丈だ。

「私たちでは無理だな」
「うむ。じゃが、わしらは援護が使命じゃからの」

 ラースは2人に意識を向けすぎてしまい、ワタルの姿がないことに気付くのが遅れてた。
 それがわかった頃には、ワタルは既に間合いまで距離を詰めていた。

「魔法剣・二重奏」

 ワタルは既に魔法剣を発動し、攻撃動作に入っている。
 横薙ぎに振られたその攻撃を、ラースは最初と同じようにモラルタで防ごうとする。
 しかし、

「な……」

 モラルタは大きく弾かれ、ラースは無防備な胴体を晒すこととなった。
 先程は難なく防げた。
 大した障害ではなく、余裕で勝てる相手だと思っていた相手、そのことごとくに圧倒されたという事実に、ついにラースは言葉を失う。

「お前からは、信念も技量も感じられないよ」

 ワタルが振りかぶるデュランダルの刀身が、深く蒼く染まっていく。

「やめっ」
「魔法剣・三重奏!」

 そんな言葉になど耳を貸さず、ワタルはデュランダルを一閃する。
 ラースの胸から、鮮血が舞い上がった。

「そんなんじゃ、俺たちには勝てないよ」
「……すごい」

 致命傷とはいかないまでも、神の体に傷を付けた。
 本来ならばありえない光景を目の前にして、ハラルは感嘆の言葉を漏らしていた。

「最強になって異世界を楽しむ!」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「ファンタジー」の人気作品

コメント

コメントを書く