最強になって異世界を楽しむ!

水泳お兄さん

邪神

「さて、落ち着いたところで状況を説明してもらえますか?」
「はいっす、実はっすね」

 エンゲルを殺したリートは、現在起こっている戦争についての詳しい状況を聞き、ノクターンが簡潔にまとめて答える。

 「そうでしたか……では、私たちは人間側に加勢すべきですね」
「ここに来る前に、裏切った幹部がいないことは確認しています。残りはラースだけかと」

 ロンドはノクターンたちと合流する前に、ほかの幹部がどうなっているかを確認していた。
 そうしてセレナーデ以外の幹部が、既に戦場から消えていることは確認済みだ。

「わかりました。それでは、急いでラースの元へ向かいましょう。あれは人間では歯が立たないでしょうから」
「いえ……リート様のお手を煩わせる必要はありません」
「それはどうしてでしょう?」

 現在魔王を名乗っているラースは、当然エンゲルよりも強い。
 それほどの相手となれば、人間など取るに足らない相手に違いないとリートは考えていたのだ。

「人間側にも、リート様にすら匹敵する実力の持ち主がいます」
「私に……ですか」
「はい。ワタルという人間ですが、ワタルとその仲間達であれば、必ずリートを倒してくれるかと」
「あ、エレナって人狼もそのワタルってやつの仲間か。俺も戦いましたが、強かったですよ」

 ロンドの言葉に同調するように、カプリースもそう付け加える。
 リートはじっと2人を見つめ、やがて納得したように笑顔を浮かべる。

「ロンドが言うのでしたら、間違いはないのでしょう。ですが、万が一ということもあります。私達は魔王軍の残党を処理しながら、ラースの元へ向かいましょう」
「「「はい!」」」

 リート率いる魔王幹部の3人は、残った魔族を殺しながらラースがいる魔王軍本陣へ向けて歩き始めた。

 * * *

「ハラルちゃん、どうする?」

 コラールを倒したハラルとレクシアは、その場に留まりワタルたちを待つか、2人で先に進むかを悩んでいた。
 確実に倒すためならワタルたちを待つべきなのだが、こうしている間にも人間側は消耗し続けている。

「……進みましょう」
「はーい。今の私たちなら意外と簡単に倒せちゃうかもね!」
「そうだといいんですけどね」

 そう言うハラルの横顔は、かなり険しいものだった。
 神の力を取り戻したハラルと、神殺しであるレクシア。
 確かに並の相手であれば、敵ではないだろう。

「どうかしたの?」
「いえ、少し気になることがあって」
「なんだ、2人だけか」

 いざ進もうとした2人は、突如かけられた男の声に驚き、一瞬で臨戦態勢に入る。
 声の主と思われる男は、そんな2人を見ても眉一つ動かさない。

「どうした? わざわざ来てやったのだ。喜んでいいのだぞ?」
「ハラルちゃん、もしかして……」
「ええ、ラースです」

 茶髪に翡翠の瞳をした、体躯の良い男、ラースはレクシアには目もくれず、ハラルを見て口角を吊り上げる。

「久しぶりだな、セリカ?」
「気軽に名前を呼ばないでください。虫酸が走ります」

 親しげに話しかけるラースに対し、セリカは最大級の嫌悪を込めた声音で応える。

「え、知り合いなの?」
「ラースは……いえ、後にしましょう。来ますよ」

 セリカの言った通り、ラースは2人に開いた手をむける。
 それだけで闇の炎が2人の足元に出現し、2人は後ろへ飛び退く。

「おいおい、連れないな。俺とお前の仲だろう」
「黙りなさい!」

 セリカが地面を踏みしめ、一気にラースとの距離を詰める。

「神雷!」

 同時にレクシアからの援護も飛び、神の雷がラースへ落ちる。

「神の雷だと? なるほど……お前が神殺しか」

 ラースは少しだけ驚いた様子を見せるものの、ニヤリと笑って無造作に腕を振る。
 たったそれだけで、レクシアの放った雷は消え去った。

「ハラルちゃん、やっちゃって!」

 簡単に攻撃を防がれたことにショックを受けなかった訳では無いが、本命はレクシアの攻撃ではない。

「はああッ!」

 既にハラルはラースの懐に入り込んでおり、ラースの鳩尾目掛けて拳を振り上げる。
 ラースは両手でハラルの拳を防ごうとするが、その程度で止まるほどハラルの攻撃は甘くなく、後方へ吹き飛ばされる。

「お、おお! 素晴らしい。神の力を取り戻したのだな」

 吹き飛ばされたラースは音もなく綺麗に着地し、まったくダメージを感じさせずにハラルを見る。
 その表情は、こころなしか嬉しそうだ。

「そうではなくてな。俺の相手は務まらないというものだ」
「貴方のそういう性格、大嫌いです」
「そう言ってくれるな。モラルタ」

 ラースが体の前に手をかざせば、その手に漆黒の剣が現れる。
 モラルタと呼ばれたその剣を見た2人は、一目で尋常ではない業物だと理解できた。

「では、そろそろ俺も」

 ラースが腰を落とし、モラルタを構えた瞬間だった。
 その背後から、急接近していたセリカが音もなくラースの首元へ白夜を振る。
 完全に不意打ちでの攻撃だったが、ラースはそれに気付いていたようにしゃがんで避けた。

「なんだ、仲間か?」

 攻撃を避けられたセリカは無防備で、そこへラースが攻撃を仕掛けようとするが、セリカの顔に焦りはない。

「仲間は私一人じゃない」
「はッ!」

 セリカが笑ったのと同時に横へ飛び退くと、その影からマリーの突風による支援を受けたワタルが、凄まじい速度でラースへ斬りかかった。

 ガキッ!

 鈍い音を立てながら、ワタルが振るったデュランダルは、ラースのモラルタによって防がれていた。
 それも、かなりの勢いを持っていたワタルの攻撃を受けて、その場から1歩も動かずに、だ。

「お前がワタルか?」
「だったら何」
「楽しみにしていた。お前を殺せるのをな!」

 鍔迫り合いとなった2人だが、ラースが力を込めるとワタルが後ろへ大きく飛び退く。

「これて5人……報告通りならば、お前の仲間はこれで全員のようだな」

 ワタル達はラースと距離をとると、5人で固まるようにして集まる。

「遅すぎた?」
「いえ、ナイスタイミングですよ」
「ならよかった。それで、あれが」
「魔王ラースです」

 ワタルとハラルは短く言葉を交わすと、目の前の相手が誰であるのかを確認する。

「ハラル、魔王ラースなんて呼び方はやめてくれ。魔王なんて称号、俺は興味が無いのだ」
「知り合い?」
「あ、それ私も気になってた!」
「そうですね……知り合いというより、憎むべき敵ですけど」

 肩をすくめるラースから目を離さず、ハラルは口を開く。

「あの男の本当の名前は邪神ラーステイル。天界に幽閉されていた男です」
「邪神……神?」

 ハラルの言葉に、思わずワタルは驚いて気を取られてしまう。
 戦場では致命的なスキとなるが、ラースに攻める様子はない。

「なんで貴方がここに居るんですか」
「いやなに。天界の牢獄も飽きてな。そんな時にお前が下界に降りたと聞いて追ってきたのだ」
「……私の力が目的ですか」
「もちろん」

 ハラルは怒りからか、ギリッと歯が砕けそうになるほど食いしばる。

「気を付けてください……あの男は天界にいた頃に神を殺して、殺した神の力を奪っています。闇と自然を司る最悪の邪神です」

「最強になって異世界を楽しむ!」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「ファンタジー」の人気作品

コメント

コメントを書く