最強になって異世界を楽しむ!

水泳お兄さん

魔王

「あれシャレになってないっすよ。私とカプリースじゃ相手にもならないっす」
「同感だな。まさかあれほどとは」
「あ、生きてたんすね」
「お前はお礼も言えないのか……?」

 エルゲルとの力量差を前にしながらも、ノクターンとカプリースの戦意が無くなるようなことはない。
 全ては忠誠を誓った主のため、2人は武器を構える。

「……カプリース」
「なんだ?」
「俺と一緒にあの女の相手をする」
「わかった」
「ノクターン、俺とカプリースでなんとしてもスキを作る。宝石を砕くのはお前の役目だ」
「任せるっすよ!」

 ロンドがシュトルムを構え、2人に指示を出す。

「連携しても到底倒せるかわからない相手だが……俺達の目的はリート様の復活だ」

 リートを封印している宝石は、ロンドの攻撃では砕くことが出来なかった。
 となれば、この中で1番の怪力を誇る、ノクターンの一撃に賭けるしかない。

「やるぞ」
「おう」
「はいっす!」

 ロンドとカプリースが地を蹴り、少し遅れてノクターンがあとに続く。
 その間もエンゲルは身動き1つとっておらず、ただ3人が攻撃してくるのをまちかまえていた。

「うおおッ!」
「何を話したかと思えば……実力差がわからないほどバカじゃないでしょう?」

 カプリースが2本の溶剣を振り上げ、エンゲルを真っ二つにしようと、同時に振り下ろす。
 エンゲルはそれを見て失笑を浮かべると、尻尾で簡単に受け止めた。

「ふッ!」
「へえ」

 右手に持った細剣でカプリースを突き刺そうとしたエンゲルだが、ロンドの鋭い突きを視認し、細剣で軌道を逸らす。

「悪くは無いけど、私には無駄よ」

 2人は間髪入れずに連撃を放つが、その全てをエンゲルは尻尾と細剣で受け、逸らし、防いでいく。

「飽きたわ」

 エンゲルは2人の攻撃を防ぎ続けると、黒い翼を羽ばたかせ、闇の暴風を撒き散らす。

「ぐ……カプリース!」
「わかっている! 溶かし尽くせ、溶剣!」

 どうにか踏ん張り、吹き飛ばされるのを防いだ2人は、勝負にでる。
 カプリースが溶剣に呼びかけると、溶剣が異常なまでの高熱を発し、光り輝く。

「うおらッ!」
「学習しないわね」

 その溶剣を再び全力で振り下ろしたカプリースに対して、エンゲルも同じように尻尾で防ごうとするが、

「そんな、うそっ!?」

 溶剣はエンゲルの尻尾に当たると、多量の煙を上げながら溶かし、切断した。
 痛みは感じるものの、エンゲルは眼前に迫った溶剣を後ろへ下がり、紙一重で回避する。

 だが、ロンドはそれを読んでいた。

「魔法剣、解放」

 シュトルムの切っ先を向けられ、咄嗟に細剣で防ぐ姿勢を取ったエンゲルだったが、ロンドは直接攻撃せずに魔法剣を解放する。
 そうすることによって収束されていた暴風が吹き荒れ、体勢が万全ではなかったエンゲルは大きく体勢を崩した。

「このッ!」

 体勢を整えようとするエンゲルに、双戦斧を構えたノクターンが既に迫っていた。

「正真正銘、全力で振るっす!」
「くっ」

 エンゲルは自身を黒い翼で覆うようにして守るが、万全の状態からのノクターンの怪力の前には、紙とさほど変わらない。

「俺達を舐めすぎてたんだよ、お前は」

 ノクターンの振るった双戦斧は黒い翼など関係無しに、その奥にある紫色の宝石へと直撃する。

「幹部を甘く見たらダメっすよ!」

 ピシリ、と宝石に小さな亀裂が入り、亀裂は宝石全体へと走って砕け散った。

「リート様は返してもらう」

 エンゲルは衝撃で大きく吹き飛ばされたが、綺麗に着地し殺意の篭もった瞳をロンドたちへと向けた。

「貴様ら……殺す! 無残に、残酷に、原型も残さずに殺し……」

 そこまで言って、エンゲルの言葉は止まった。
 先程エンゲルが居た場所、そこに漆黒のドレスを着た美しい銀髪と碧眼を持つ女性が立っていたのだ。
 その周りには、砕けた宝石の欠片が散らばっている。

「そんなに野蛮な言葉を使うのは、女性として失格ですわよ?」
「ま……魔王……」
「ええ。私の名前はリート。魔王と名乗らせてもらっている……この世界で最強の存在です」

 ニコリと、誰もが見惚れるような笑顔を浮かべたリートは、背後にいる3人の部下を見る。

「ロンド、カプリース、ノクターン。私を助けてくれたのはあなた達ですね。ありがとうございます」
「リート様ぁ!」

 ガバッと真っ先にリートに抱きついたノクターンは、嬉しそうに顔をうずめる。

「ノクターン、生きていたのですね。私も嬉しいですよ」
「リート様、ご無事で何よりです」
「あなたが来てくれるとは思っていませんでしたよ、カプリース。あなたには強者との戦闘欲求しかありませんからね」
「なっ」
「ふふ、冗談です」

 カプリースはリートに笑顔でそう言われ、若干のショックを受けるものの、それが冗談だとわかるとホッと胸を撫で下ろす。

「リート様、再びお会いできて嬉しく思います。あの時は守れずに」
「もういいのです、ロンド」

 片膝をつきリートを守れなかったことへの後悔を募らせるロンドは、リートに優しく頭を撫でられて顔を上げる。

「3人とも、本当にありがとうございます。あとは私に任せて体を休めてください」
「いえ、俺達も一緒に」

 共に戦おうとする3人を、リートは、手で制することで止める。

「あなた達の主として、私もカッコイイところを見せたいのです。わかってください」
「ですが」
「大丈夫ですよ。すぐに終わりますから」

 それでも心配するロンドに微笑み、リートはエンゲルへと向き直る。

「お待たせ致しました。あなたの相手は私がいたします」

 エンゲルは決してリートたちの会話が終わるのを待っていた訳では無い。
 当然、何度も攻撃しようとしたが、出来なかった。
 どれだけ戦術を練ろうと、目の前の化け物、リートに勝てるイメージがまったく湧かない。

「あら、攻撃しないのですか? では、私から……」
「このッ!」

 リートが腰の剣に手をかけたのを見て、エンゲルが仕掛けた。
 闇を纏わせた細剣を振り、斬撃を放つ。
 斬撃は地面を深く抉りながらリートへと真っ直ぐに向かい……届くことはなかった。

「私に近づくのが怖いのですか?」

 エンゲルが放った斬撃は、リートを包むようにして現れた黒い茨により、目の前で阻まれた。

「う、ああああッ!」

 今度はありったけの闇を細剣に纏わせ、幾度も闇の斬撃を放つエルゲルだが、黒い茨には傷一つ付けられない。

「私を封印して、愛する部下を酷使してくれて……」

 一歩一歩、ゆっくりとリートがエンゲルとの距離を詰めていく。
 その間もエンゲルは闇の斬撃を放つが、足止めにもならない。

「まずはそうですね……跪きなさい」

 リートはそう言うと、エンゲルを中心とした場所の重力を操作する。
 立っていられないほどの重力を受けたエンゲルは、地面に叩きつけられるように膝をつく。

「はい、よくできました」
「貴様……ラース様に殺されるわよ」
「だから?」

 リートはさらに重力をかけ、エンゲルはついにはうつ伏せをするように地面へ張り付けられてしまう。

「あなたは私の部下を傷付けた。生きる価値すらないゴミです。ゴミはゴミらしく、潰れて死になさい」
「が、ああっ!?」

 ベキッ、メキャ
 そんな不快な音が響き、エンゲルの骨が折れていく。

「ゆっくりと確実に、殺してあげます」
「この……化け物がッ!!」

 最後にそう言葉を聞き、リートはエンゲルへかける重力を一気に上げる。
 エンゲルは内臓が潰れ、骨が砕け、最後には原型も残さずに潰れて息絶えた。

「私は化け物ですよ。魔王ですもの」

 リートはエンゲルだったものにそう告げ、自らの部下達の元へ戻るのだった。

「最強になって異世界を楽しむ!」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「ファンタジー」の人気作品

コメント

コメントを書く