最強になって異世界を楽しむ!

水泳お兄さん

満月

「マリー、リナさーん!」

 ロンドが倒れたことで戦闘が終了したのだと悟ったマリーとリナは、ワタルに大声で呼ばれて急いで駆け寄る。

「勝ったんですね!」
「当たり前じゃろう。なんせワタルじゃからな」

 ふふん、と本人ではないのに無い胸を張るマリーに苦笑いを向け、ワタルは倒れているロンドに近付く。

「師匠、生きてますよね?」
「あぁ……生きてる。お前が手加減したからな」
「手加減なんてしてませんよ。死んでほしくなかったんです」

 ワタルの最後の攻撃は一見致命傷のようにも見えたが、ギリギリで急所を外しており、ロンドが死ぬことはなかった。

「マリー、俺と師匠の治療お願いしていい?」
「うむ、任せておくのじゃ」

 杖をロンドに向けたマリーは、魔法陣を浮かび上がらせ、2人の傷を癒していく。
 治療を受けながら、ワタルはロンドに本題を話す。

「師匠、今の魔王からの支配ですけど」
「残念ながら解けていない。早く殺せ」
「いえ、解けるかもしれません」
「なんだと?」

 まだ動けないようだが、辛うじて仰向けになりながらロンドがワタルへ顔を向ける。

「詳しく頼む」
「はい。リナさん、お願いします」
「わかりました」

 説明は自分よりもリナからした方が良いと思ってか、ワタルはリナに場所を譲る。

「初めまして、私はリナ。禁忌の魔女です」
「禁忌の魔女……セレナーデと同じか」
「はい。それで私の能力なのですが、魔法を消し去るものでして、貴方の呪いも消せるかもしれません」
「本当か」

 リナの説明を聞き、ロンドの声音が明るくなる。

「ですが、デメリットもあります。呪いというのは魔力回路に作用するものが多いですから、魔力回路を破壊しなければなりません」
「魔法が使えなくなる、と」
「その通りです」

 セレナーデにもしたように、リナの力は魔力回路を破壊できる。
 そうすることで呪いは解除できると言うが、魔法が使えなくなるというのは大きなデメリットとなるだろう。

「それなら問題ない。この呪いは俺の今着ている鎧に込められているはずだ」
「鎧に、ですか?」
「そうだ。おかげで俺はこれを脱げない」
「そういうことなら簡単です。スペルブレイク!」

 リナが張り切って両手をロンドに添え、禁忌の力を使う。
 すると、硝子が割れるような音が響いた。

「これで呪いは解けました。鎧も脱げるはずですよ」

 マリーの回復魔法である程度動けるようになったロンドは、それを聞いて鎧を外していく。

 中から現れたのは黒髪を短く刈り、鍛え上げられた健康的な肉体を誇る30代ほどの男性だった。

「ふむ。リナだったか」
「はい?」
「ありがとう、感謝する」

 ロンドはリナに体を向けると、座り込み深く頭を下げる。

「ワタル、そしてその仲間よ、お前達にも感謝を伝えさせてほしい」
「うむ、感謝の気持ちは大事じゃぞ」
「いいんですよ師匠。あ、それだ。師匠の種族ってなんなんですか?」

 師に頭を下げられるという状況に焦ったのか、ワタルは咄嗟に話題を変える。

「俺か。俺はゾンビだ。といってもノクターンのような生まれながらのゾンビじゃなく、元人間だがな」

 ロンドは頭を上げ、ワタルの問いに答える。
 それから何度か体を動かし調子を確認すると、折れたシュトルムを鞘へと収める。

「なにからなにまで、この感謝は言葉では伝えきれない。だが……すまない。俺は行くべき場所がある」
「師匠もラースっていう魔王を倒すんでしょう? なら一緒に」
「いや、俺の目的は別だ」

 ワタルの言葉にも聞く耳を持たず、ロンドは急ぐように準備を整えた。

「この借りは、いずれ必ず返す。ありがとう」
「師匠が何するかは知りませんけど……また会いましょう」
「もちろんだ」

 ロンドはそう言って初めて笑顔を見せると、走って魔王軍の陣地へと去っていった。

「よし、俺達も行こう」
「そうじゃな。途中でハラル達にも会えるじゃろう」
「うん。リナさんは劣勢な場所の援護をお願いします」
「……わかりました。2人とも、ご武運を」

 ここから先では自分は足でまといになる。
 リナはそれをわかっているからこそ、ワタルの指示に何も言わずに従う。
 自分に少しでもできることをし、ワタルたちの勝利を願いながら、リナは2人と別れた。

* * *

「どうした? 動きが鈍っている」
「はぁ……はぁ……」

 肩で大きく息をしながら、エレナはカプリースと距離をとり、機を伺っていた。
 上腕部の2本の大剣は爆発、下腕部の2本の大剣は風を操る。
 これらに邪魔され、エレナの自慢の速度も近付く前に牽制され、距離を詰められない。

 中腕部の大剣の効果もわからないというのに、劣勢に立たされてしまっている。
 これが魔王軍幹部の実力なのだと感じながら、エレナは再度カプリースへと突っ込む。

「芸がない」

 つまらなそうな声音と共に、カプリースは大剣の力を使わずにセリカの攻撃を避けた。

「くっ」
「失望したぞ。意味の無い突撃を繰り返し、結果として相手の目を慣れさせている。武人にあるまじき悪手だ」

 ため息を吐きながら、カプリースは大剣を構える。

「もういい。これ以上待っていてはお前への侮辱にもなる。終わらせてやろう」

 白夜を握りしめ、鞘へと収めたエレナはその言葉を聞いて笑みを浮かべる。

「ふふふ、今の私ではお前に勝てそうにないな」
「……狂ったか?」

 突然笑いだしたエレナを不気味に思ってか、カプリースは攻撃しようとした手を止めた。

「カプリース、今のが私を殺す最後のチャンスだった。ピアニ!」
「はいはーい」

 エレナが名前を呼ぶと、後方からサキュバスのピアニが現れる。
 エレナは魔女の里での事件を聞いた時から、ピアニの能力に興味を持っていた。
 それはピアニにも事前に伝えており、打ち合わせもしている。

「可愛い私の援護を受けるんだから、負けたら許さないから」
「任せておけ」

 そう言って、ピアニが使うはサキュバスの洗脳能力。
 対象はカプリース……ではなく、セリカだ。

「なんのつもりだ」

 ピアニが洗脳をかけていることに気付いたものの、カプリースはその目的がわからずにいた。
 味方に洗脳をかけるメリットなどないはずだ。

「綺麗な満月が見えるな」
「満月だと?」

 現在の時刻は正午を回った頃、月が出るには早すぎる。
 だというのに、エレナの言葉はまるで今が夜のように話している。

 だが、エレナと目が合ったカプリースの全身が悪寒が走り、カプリースは2人が何をしたのかを察した。

「そうか、お前は人狼か」

 エレナの目は真っ赤に輝き、ピンク色の髪は伸びて艶が増している。
 何よりも、纏う雰囲気は先程までとは別格だ。

 ピアニの洗脳は、エレナを満月の夜へといざなっていた。

「今宵はとても良い夜だ。満月は私に力を与え、全力で力を発揮できる」

 スラリと引き抜いた白夜は、そんなエレナに同調するように刀身を白色に輝かせている。

「決して瞬きはするな。今の私は昼間とは別人だ」
「いい、いいぞ! 面白い!」

「最強になって異世界を楽しむ!」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「ファンタジー」の人気作品

コメント

コメントを書く