最強になって異世界を楽しむ!

水泳お兄さん

修行の成果

「剣よ、舞え!」

 セレナーデの言葉に呼応するように、周囲に浮いていた10本の剣が、一斉にワタルへと襲いかかる。

 セレナーデは両手を空けており、魔法も警戒しなければならない。
 次々と襲い来る剣を捌いていたワタルは、このままでは埒が明かないと攻勢に出る。

「手数が多い……なら!」

 無詠唱で水の剣を10本作り出せば、セレナーデの剣を全て受け止める。
 その間にワタルは地を蹴り、セレナーデとの距離を縮めていく。

 今セレナーデには近接武器がない。
 接近戦に持ち込めば、と思っていたワタルだったが、セレナーデの余裕の表情を見て、背筋を悪寒が駆け抜ける。
 考えるより先に体が動いた。
 攻撃を中断、その場で思いきり横に飛んだのだ。

 次の瞬間、先程までワタルの体があった場所を水の剣が通り抜けた。
 もし横に飛んでいなければ、今頃串刺しになっていただろう。

「禁忌の魔術……」
「そうだ。お前の行動は悪手だったな」

 元々の剣と水の剣、合計20本がワタルを取り囲み、セレナーデが右手を挙げる。
 そして、セレナーデが右手をワタルに向けて振り下ろせば、20本の剣が全方位から襲いかかった。

「ふぅ……」

 ワタルは大きく深呼吸し、心を落ち着かせる。
 窮地といえるこの場面だが、ワタルはそれほど焦っていなかった。
 自分にはこの窮地を切り抜けられる手段があると、わかっているから。

「魔法剣!」

 ワタルが右手に持つ剣、デュランダルが水を纏う。
 得意の魔法剣だが、今回は少し様子が違った。
 纏った水はデュランダルの刀身の3倍の長さがあった。

「失敗か? その長さでは、全方位の剣は捌けないだろう」

 セレナーデの言う通り、あれでは長すぎて迫り始めた剣を全て捌くのは不可能だ。

「それはどうかなっ!」

 ニヤリと笑ったワタルが体を右に回転させながら、デュランダルを振る。
 すると、纏っていた水が鞭のようにしなり、直前まで迫っていた剣を全て弾き返したのだ。
 水の剣は霧散し、セレナーデの剣は再びセレナーデの周囲を漂う。

 これが修行の成果の1つで、魔力が増加し繊細にコントロールできるようになったからこそ、可能になった芸当だ。

「まあ、元々それで殺せるとは思っていない」

 既にセレナーデは次の行動に移っていた。
 右手をワタルへと向け、魔法陣を展開。
 火力の高い魔法を行使する準備が出来ていた。

「らぁっ!」

 ワタルとセレナーデの間にはまだ距離があるが、今の魔法剣ならば届く。
 水の鞭をしならせ、ワタルはセレナーデ目掛けて横薙ぎにデュランダルを振る。

「死ね」

 セレナーデは向かい来る水の鞭を、6本の剣を並べて壁を作ることで簡単に防ぐ。
 そして、セレナーデの魔法が発動する。
 直径5mはあるかという巨大な岩、がワタルへと迫っていく。

 すぐにワタルは水の鞭を振るって鉱石を斬ろうとするが、まったく歯が立たず弾き返される。

「硬っ!?」

 ワタルが今使っている魔法剣では斬ることが出来ない、異常な密度だ。

「あんまり使いたくなかったのに……このっ!」

 これをどう凌ぐのか観察しているセレナーデの目に映ったのは、剣に纏っている水を消し、デュランダルを大上段に構えるワタルの姿だった。
 そこからは岩に隠れて見えなくなったが、何らかの攻撃手段を隠していることは間違いない。
 岩は綺麗な切断面を残し、真っ二つに斬られたのだから。

「何をした?」
「別に、斬っただけだよ」

 笑って答えるワタルに、セレナーデは自らの周囲を漂う10本の剣、その全てに炎を纏わせる。

「お前の言う魔法剣とはこれのことだろう。私の放った岩は、この程度の魔法で斬れるものじゃない」
「そうだね。じゃあタネ明かしを。圧縮だよ。マリーの見よう見まね」

 圧縮はマリーの禁忌の魔術だ。
 流石にあれだけの規模の圧縮など不可能だが、あれに少しだけ近づけるのなは、今のワタルならできる。
 水を圧縮しデュランダルに纏わせ、斬れ味を底上げした。
 これがタネ明かしだ。

「次はこっちから!」

 ワタルがデュランダルに薄く水を纏わせ、セレナーデに向けて振る。
 纏っていた水は斬撃となり、セレナーデの胴体を切断すべく向かっていく。

 それなりに魔力を込めた一撃だったのだが、セレナーデは身動き1つすることなく、炎を纏った剣が防ぎ、水の斬撃を蒸発させた。

「くっそ……」
「試すのは終わりだ」

 魔法の水が蒸発するということは、セレナーデの炎の方が魔力量が多く、強いということ。
 セレナーデは今までとは違う、本当の殺意をワタルに向けて両手に魔方陣を展開する。

「やっば!」

 慌ててワタルが数百の水の弾丸を放つが、その全てが炎の剣に阻まれ、セレナーデには届かない。

「炎よ、飲み込め」

 そんなことをしている間に、セレナーデの両手から魔法が放たれる。
 それはワタルの全身を包み込んでも余りある、大量の炎だった。

「今のままじゃ絶対勝てないし……よっし!」

その光景を前にワタルは覚悟を決め、神経を研ぎ澄ませる。

「魔法剣・二重奏デュオ

 ワタルがそう呟くと当時にデュランダルを縦に一閃。
 実態を持たない魔法の炎は見事に断ち切られ、霧散する。

「それが本来のお前か」

 そこに立っていたのは、今までのような緩んだ顔とは違い、セレナーデを見据え、静かに剣を構える人間だった。

「ふー……」

 ワタルを大きく息を吐き、デュランダルを握りしめる。
 デュランダルの刀身の色は、先程まで薄い水色だったのに対し、まるで海のように深い青色。

「お前……魔法を重ねがけしたのか?」

 セレナーデは自分の言葉に自信を持っていないような口調だ。
 それもそのはずで、魔法を剣に重ねてかけるなど、普通はやらない。

 いや、できないが正しいだろう。
 そんなもの、一歩間違えれば魔法が反発し合い、制御できなくなってしまう。
 余程魔力のコントロールが上手く、自信がなければできる芸当ではない。

「師匠との鍛錬で編み出したんだ。絶対に負けない」
「上等だ。やってみろ」

 そう言ってセレナーデが動くよりも早く、ワタルが飛び出した。
 足元に風魔法を使い、走るというより飛び込むような形だ。

「いい的だ!」

 後手に回ったセレナーデだが、対応は早い。
 ワタルの速度を見極め、挟み込むように炎の剣を左右から3本ずつ振る。

「はぁっ!」

 それに対しワタルは再び風魔法を使い急ブレーキをかけ、地に足をつけると素早くデュランダルを振る。
 青色の刀身が美しい軌道を描くと、ワタルの左右にあった炎の剣は、全てが中ほどから切断されていた。

 だか、勢いは殺せた。
 セレナーデは残った4本の剣のうち、2本を真っ直ぐワタルへと飛ばす。
 近距離からの攻撃にもワタルは反応し、水を纏ったデュランダルにより、炎の剣は今度は縦に両断される。

「ふっ!」

 炎によってワタルの視界が一瞬遮られた隙をつき、セレナーデが両手に握った炎の剣剣を、ワタルの首元目掛けて振る。
 セレナーデは距離を取らずに、剣術による接近戦を選択したのだ。

「っ、甘い!」

 視界の外からの攻撃に驚くが、今のワタルはその程度では崩せない。
 シュインッ、という音を響かせ完璧に受け流せば、まだ振るわれていない方の炎の剣を狙い、デュランダルを振る。

「このっ!」

 セレナーデも負けじと受け流そうとするが、本気のワタルの剣速は目で追えない程で、易々と炎の剣は断ち切られる。

「はあああああっ!」
「うおおおおおっ!」

 2人が叫び、気迫と気迫がぶつかり合う。
 セレナーデの大上段からの振り下ろしと、ワタルの振り上げが交差し……決着は一瞬でついた。

 キィン

「ちっ……」

 鉄の折れる甲高い音を響かせ、倒れたのはセレナーデだった。

 ワタルがセレナーデを斬る瞬間、魔法剣を解除し柄を90度回転させ剣背で叩いたため意識はあるようだが、もはや立つ気力も残っていないようで、セレナーデは倒れ込んだままだ。

 魔女と人間、そして2人の魔法剣士の死闘はワタルに軍配が上がった。

「最強になって異世界を楽しむ!」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「ファンタジー」の人気作品

コメント

コメントを書く