最強になって異世界を楽しむ!

水泳お兄さん

魔法剣士1

「はあ……はあ……」

 ワタルは片膝をつき、肩で大きく息をしている。
 体は悲鳴を上げ、魔力もかなり消費しており、もう余裕など微塵も感じない。

「どうした? もう終わりか」
「ぐっ……まだまだ!」

 ロンドは追撃の手を止め、ワタルを見下ろしている。
 ワタルはどうにか立ち上がると、何度目かもわからない攻撃をロンドに仕掛けた。

* * *

「まずはお前がどこまでできるかを確かめる」

 荷物をロンドに案内された部屋に置いたあと、唐突にロンドがそう言った。

「確かめるって、冒険者カードでも見せればいいんですか?」
「戦闘だ」
「ああ、この森の魔物を倒してこいとかですか」
「違う。俺とだ」
「は?」

 ロンドの発した言葉に、ワタルは思わず素で聞き返してしまう。
 ワタルの聞き間違いでなければ、ロンドは今自分と戦えと言った。

「俺と戦えと言ったんだ。そっちの方がわかりやすい」
「いやいやいや、本気ですか?」

 聞き間違いではなかった。
 ワタルは慌てて、ロンドに本気で言っているのか問いかける。
 ロンドは魔王軍幹部であり、おそらくその実力はワタルと天と地ほども離れていることだろう。
 歯が立たないのは目に見えている。

「お前は相手が自分より強いとわかれば、戦う気はないのか?」
「それはそうですよ」
「仲間を守るため、だとしてもか?」
「それは……」

 ワタルは言葉に詰まる。
 ワタルは仲間とためとならば、相手がロンドでも間違いなく戦うだろう。
 仲間を助けるために。

「幹部にはお前より強いやつは他にもいる。そいつらを前にした時、お前は逃げるのか?」
「わかりましたよ。やってやりますとも」

 ワタルはデュランダルを構え、ロンドを見据える。

「それでいい」

 ロンドも剣を真っ直ぐに構えた。
 次の瞬間、ワタルの背筋を悪寒が駆け抜けた。
 殺意とはいかないまでも、明確な敵意。
 それをロンドに向けられただけで、ワタルの足は震えてしまう。

 だが今は、そんなことで時間をとるわけにはいかない。
 ワタルは自分を奮い立たせ、盾を真上へと放り投げる。
 と同時に、不意打ちとしてロンドの知識にない魔法、兵器魔法の閃光弾を真似た、土の球体を投げつける。
 ロンドは土の球体を切り上げ両断すると、次の瞬間ロンドの視界は真っ白に染まった。
 同時に強烈な音が弾け、ロンドの視界と聴覚は塞がれる。

「水よ、弾丸となり、貫け!」

 そこへ、ワタルの水の弾丸が大量に放たれる。
 回転により貫通力が上がっているそれは、ロンドの鎧を貫通し致命傷を与える。
 ……はずだった。

「見たことのない魔法だな」

 水の弾丸はロンドの体に触れた途端、弾かれたように全て辺りへと飛び散った。
 いや、正確にはロンドが弾いたのだ。

「なっ」
「視覚と聴覚を塞ぐか。使い勝手の良い魔法だ」

 水の弾丸がロンドの体に触れた瞬間に、ロンドは手に持つ剣の背でそれらを全て弾いたのだ。
 視覚と聴覚が塞がれようとも、水の触れた感覚だけを頼りに防ぎきった。
 次元が違った。

「何を惚けている」
「がっ!?」

 ショックで動きの止まったワタルへ、一瞬で距離を詰めたロンドが大上段から剣を振り下ろす。
 ワタルは咄嗟に盾で防ぐものの、ロンドの力は想像を絶しており、盾を横に向けることでどうにか受け流す。
 もしもこれがデュランダルでなければ、ワタルは今頃真っ二つになっていただろう。

「召喚【デスペリアスライム】」

 ワタルは横に大きく飛び退き、自分とロンドとの間にデスペリアスライムを召喚する。
 デスペリアスライムであれば、物理攻撃も魔法攻撃も効かない。

「天災と呼ばれる魔物か」

 ロンドはデスペリアスライムを見ると、腰を落とし剣を後ろに振りかぶる。
 それを大きなモーションと共に振り切ると、風圧がワタルにまで届き、デスペリアスライムはその風圧によって四散する。

「言っておくが、幹部にこの程度の魔物を倒せないやつはいない。魔力の無駄だ」
「召喚【アンデッド】」

 ロンドの忠告も聞かず、ワタルは再び召喚魔法を使用する。
 召喚したアンデッドの数は20。
 かなりの数で、魔力の消費も激しい。

「聞いていなかったのか」
「まだ終わってませんよ。水よ、剣となれ」

 ワタルは続けて2言詠唱によって、水の剣を20本作り出す。
 アンデッドたちは水の剣を手に取ると、一斉にロンドへ襲いかかった。

「なるほどな。アンデッドの特性を活かしたか」

 この世界では、自分の魔法では自分は傷つかないなどという、ご都合設定はない。
 魔法によって作られた火や水は触れるだけでダメージを受けるため、ハラルのように特殊な手袋などが必要になる。
 だが、アンデッドならば優れた再生能力があるため、その制限を受けることがなくなる。

 ロンドは大きく一歩踏み込むと、水の剣を振り上げて迫るアンデッドたちの頭部に向け、横薙ぎに剣を振り抜いた。
 先頭にいた数体のアンデッドは頭部を上下に両断され、倒れるとそのまま動かなくなる。
 ロンドは剣を振りきった勢いのまま、左足を軸に体を回転させ、再び横薙ぎに剣を振る。

「だが、無駄なことだ」

 それが数度繰り返されるだけで、アンデッドはみるみるうちに数を減らしていく。
 アンデッドの知能では、回転しているロンドの隙をつくなど、考えつくわけがない。
 いや、仮に考えついたとしても、無理なことだろう。
 ロンドの回転する速度は非常に早く、背中を晒している時間など、1秒にも満たない。

「無駄じゃありませんよ!魔法剣!」

 そのロンドが背を向ける、まさに一瞬の間に、ワタルは魔法剣によって伸ばした刀身を、ロンドに向けて突き出す。
 ロンドは回避できず、水の刀身はロンドの胴体を貫いた。

「伸縮自在か。便利な魔法だな」

 ロンドは腹を貫かれると、ピタリと動きを止める。
 勝負は決したと見たのか、ワタルは魔法剣を解除し、デュランダルを鞘へ収める。

「お前は面白い魔法を使うな」
「どうも。それより腹の治療はいいんですか?」
「問題ない」

 見ると、貫かれた部分の鎧は小さな穴が空いているものの、血は出ていない。
 ワタルはそのことについて聞こうとするが、それよりも早くロンドが喋り出す。

「今ので1本だ。俺から、そうだな……まずは10本取れるまで戦闘を連続でやる」
「マジですか……」

 今の1本でも、魔力を惜しみなく使い体も心も消耗している。
 それを10本取れるまで続けるなど、ハードなどというレベルではない。

「できるまで休憩はなしだ。やめるなら出て行け」
「……やってやりますよ! 10本なんて余裕ですね!」
「そうか」

 ワタルは自分に言い聞かせるようにして、再びデュランダルを抜剣する。
 ロンドはワタルの返事を聞くと、剣をゆっくりと正面に構えた。

 それからワタルは奮闘するも、結局はその後1本しか取れず、過労で倒れるまで戦闘は続いた。

「最強になって異世界を楽しむ!」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「ファンタジー」の人気作品

コメント

コメントを書く