最強になって異世界を楽しむ!

水泳お兄さん

基礎

「2人はどうするつもりなの?」

 ワタルとマリーが出発したあと、レクシアはハラルとエレナにそう尋ねる。
 王都に残るとは言っても、なにもしない訳では無いだろう。
 鍛錬ならやれることは様々だが、王都の外に出掛けることだってあるかもしれない。

「私はギルドに行くつもりだ」
「ギルド? 依頼でも受けるの?」
「いや、ヨナスに会いにいくつもりだ。この間リナと会ってな。刀を扱える人を聞いたら、ヨナスに聞けばいいと言われた」

 エレナは今から会いにいくつもりのようで、普段着ているローブを身につけ、腰に白夜を差す。

「へー。ハラルちゃんは?」
「そうですね……レクシア、私と手合わせしませんか?」
「えっ」
「なんですかその顔は」

 レクシアはハラルの言葉を聞いた瞬間、反射的に引きつった顔になる。
 神殺しのレクシアにとって、ハラルは敵も同然であり、レクシアもそれは同じだろう。
 そんな相手と手合わせなど、殺される可能性だってある。

「殺さない?」
「私を野蛮に見すぎじゃないですか? もう仲間なんですから、そんなことしませんよ」
「ああ、よかったー」

 レクシアはホッと胸をなでおろし、本気で安心する。
 2人も神を殺しているため、いつか復讐されるのではないかと心配していたが、今のハラルの言葉でその心配もなくなった。

「でも、なんで私?」
「元々レクシアに頼む予定だったんですよ。レクシアに神の力の使い方を教えながら、私も強い相手と戦ってレベルも上げて、一石二鳥ですし」
「うん、そういうことなら任せてよ!」

 どんっと胸を叩くレクシアだったが、力が強すぎたようで咳き込む。
 それをハラルが苦笑しながら近付き、背中を摩る。

「ふふっ。それじゃあ、私は行ってくるぞ。夜には帰ってくる」
「あ、うん。頑張ってね」
「ご飯作って待ってますね」

 エレナはそんな2人を微笑ましそうに見て、家を出た。
 
* * *

「あ、エレナさん。ヨナスさんにはもう言ってありますよ。地下で待ってるそうです」
「そうか。ありがとう」

 エレナはギルドに入ると、リナと短いやり取りをして地下へと向かう。
 地下には珍しく人が居らず、広い空間の真ん中には、両腰に剣を下げたヨナスが立っている。

「ヨナス、鍛錬というのは」
「構えろ」

 言い終わるよりも先に、エレナはヨナスから向けられる戦意に気付いた。
 いつの間に抜いたのか、その両手には抜き身の細い剣が握られている。

「今のお前の実力を知りたい」
「別にいいが、私は加減はできないぞ」
「勝手にするといい」

 エレナは有無を言わせないヨナスの言葉に押され、白夜を抜刀する。
 それからすぐに頭を切り替えると、目の前のヨナスを敵として認識する。

 とはいえ、ヨナスは人間でエレナは魔族だ。
 万が一にも殺さないよう、少し速度を抑え気味に地を蹴り、ヨナスへと突っ込む。
 勢いをそのまま、狙うはヨナスの左肩。
 射程内に入った瞬間、エレナはそこへ向けて右手の白夜を突き出した。

「この程度か」
「っ!?」

 ヨナスはエレナの攻撃に失望したような言葉を零すと、左手の剣を白夜に横から軽く当て、軌道を逸らす。
 金属同士が擦れ合う高い音と共に、綺麗に受け流されたエレナはたたらを踏み体勢を崩すが、ヨナスは追撃をかける気配はない。

「もし俺を殺すかも、と思っているなら言わせてもらうが、人間をなめないほうがいい」
「くっ!」
「殺す気で来い」

 エレナは体勢を整えると、今度こそ本気ヨナスに向けてで疾走する。
 スキルの加速も使い、その速度は人間に追えるものではない。
 人間と魔族の差。
 それは埋まることはないはずだった。

「速いな。たが……それだけだ」

 瞬きをする間もない速度で迫るエレナに対しても、ヨナスは終始冷静だった。
 胴を狙って横薙ぎに振られた刀を、上体を後に大きく逸らして避けると、振り終わりがら空きになったエレナの顎を蹴りあげる。

 魔族といえども、人とほとんど同じ人体構造をしている人狼のエレナは、ヨナスの蹴りで脳を揺さぶられ、その場に尻もちをつく。
 すぐに立ち上がろうとするが、体がいうことを聞くことはなかった。

「今のお前1人の実力は、俺にも及ばない」

 ヨナスは大きく息を吐くと、剣を鞘へと収める。

「どうして……人間に見える速度じゃなかったはずなのに」
「お前のやり方が悪い。普段はお前が突撃して、それによって出来た隙をワタルやマリーが埋めるんだろう。だが、そのやり方は仲間あってこそだ」

 ヨナスの言い分に、エレナはぐうの音も出ない。

「何より、そのやり方はお前の命が危ない。私に避けられるようじゃ、魔王軍には通用しないだろう」

 考えてみれば、今までエレナの初手の攻撃が完全に命中したことは少ない。
 ヨナスの言う通り、今のエレナは仲間がいなければ簡単に殺されてしまうだろう。

 薄々わかっていたことでも、改めて現実を突きつけられ、エレナは俯く。
 今の自分では、ワタルたちの足でまといにしかならないのかもしれない。
 そんなネガティブな思考が、エレナの考えを埋める。

「だが、その速度は一級品だ。幸い時間は充分にある」

 ヨナスのその言葉にエレナはバッと顔を上げる。
 それからまだフラフラする体にムチを打ち、どうにか立ち上がると、ヨナスに深々と頭を下げた。

「私を、弟子にしてくれ」
「ああ、まだ未熟な私だが、師として最善を尽くそう」

 ヨナスは笑顔でエレナの頼みを了承したのだった。



 エレナの体の調子が戻るまでの間、2人はギルドの奥にある1室に入った。
 シンプルな椅子と机だけのその部屋で、エレナはヨナスに白夜について聞いていた。

「アルマ様からの報酬か」
「粛清剣はもう必要ないからな。だが、どうにも刀というものの扱いがわからない」

 今までのエレナの戦術は、一撃の威力よりも、2本も粛清剣による手数で攻めていた。
 それがエレナには合っていたようで、刀はエレナには扱いが難しかった。

「私も若い頃は様々な武器を使っていてな。刀も少し扱ったことがある」
「本当か! それで、どんな戦い方が刀には合うんだ?」
「私がその時に習ったのは、居合というものだったな。刀を抜き放ちながら相手に攻撃する、というものだ」

 ヨナスはどこか懐かしそうに、思い出すように話していく。

「一撃の威力を重視したもので、お前の速度と相性がいいだろう」
「なら、今すぐそれを!」
「落ち着け。焦っても上手くはいかない。まずは基礎だ」

 ヨナスはエレナを落ち着かせると、懐から1枚の紙を取り出し、エレナに渡す。
 紙にはヨナスが書いたと思われる文字がびっしりと書かれている。

「……これは?」
「鍛錬の内容だ。家にいる時にやるといい」

 エレナは改めて手元の紙に視線を落とす。
 紙に書いてある鍛錬というのは、主に素振りや脚部の筋トレが多く、基礎も基礎だった。
 エレナは思わずヨナスに視線を向ける。
 その目はヨナスに、早く実践的な鍛錬がしたい、とひしひしと伝えた。

「焦る気持ちはわかるが、基礎は何よりも優先されるべき鍛錬だ」
「それはわかっている。だが、刀の扱い方も教えてくれるんだろう?」
「いや、しばらくはその紙に書いてあることをやれ。1ヶ月だ。1ヶ月それが続いたなら、その刀の扱いを教えてやろう」
「1ヶ月……いや、やるとも。私だって根性はある」
「よく言った」

 その日はそれだけで家に帰ると、エレナは早速貰った紙に書いてある鍛錬を始める。
 基礎を地道に積み上げる。
 それがどれだけ大切か、今のエレナにはまだわからなかったが、それでも仲間を思う一心で、エレナは刀を振り続けた。

「最強になって異世界を楽しむ!」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「ファンタジー」の人気作品

コメント

コメントを書く