最強になって異世界を楽しむ!

水泳お兄さん

魔族騒動

「どういうことだ」

 ヨナスは抜剣した剣を両手に持ち、警戒しながら怪物の頭に聞く。

「その通りの意味だ。いや、正確には死んだんじゃなくて、殺したって言い方が正しいか」

 怪物の頭から聞こえる男の声は、何が愉快なのか、笑っているように感じられる。
 その言葉に、人間側の反応は多種多様だが、どれも共通しているのは、驚きや戸惑いという感情が混じっているということだろう。

「お前は何者だ」
「そうそう。今日はこの情報と一緒に、俺のことも紹介するつもりだったんだ」

 ざわざわと困惑する人間たちの中で、ヨナスが代表で口を開く。
 男はその質問を聞き、思い出したかのように自らの名を告げる。

「俺の名前はラース。新しい魔王だ。手始めに挨拶として、少し軍を送り込んだんだが、撃退したようだな」

 今男の声が出ている怪物の頭は、怪物を殺した時に作動するようにされているのだろう。
 そのため、男には人間が自分の送り込んだ魔族たちを撃退した、とわかったようだ。

「まあ、今回は挨拶だ。これから体制を整え、本気で王都を落とそう。後悔がないよう、必死で生きることだな」

 そう言い残すと、怪物の頭は塵となっていき、男の声も消えた。
 あとには、困惑する人間達が残るだけだった。

***

「よし、行こうか」

 ワタルたちは魔女の里で一泊した後、マリーの禁忌の技術によって未だに消えていない火を消しに、森へと向かうため、里の入口へと来ていた。
 火を消したらそのまま王都に帰るつもりなので、里にはもう戻らない。
 見送りには、里の魔女が全員と、ピアニが来ていた。

「マリーは子供だし頭が悪いけど、よろしく頼むよ」
「余計なお世話じゃ!」

 最後の最後までマリーとレイは言い合っていたが、それはとても微笑ましいものだった。

「ワタルさん、また来てくださいね」
「ちょっと、そこ邪魔よ」
「私にも挨拶させて!」
「えーっと……」

 ワタルはと言えば、魔女達から押しかけられ、非常にモテていた。
 魔女は強い男性を好むらしく、ワタルは今回の騒動も相まって、里の魔女から好まれていた。
 それ自体は嬉しいことなのだが、人生でここまでモテた経験のないワタルは、チャンスを生かせずただただ困るだけだった。

「ワタル、行きますよ」
「ぐえっ!」

 身動きの取れないところを、ハラルに首根っこを掴まれて引っ張られる。
 別れを惜しむ魔女達に手を振ると、ワタルは自分で歩こうとした。

「ハラル? もう大丈夫なんだけど」
「このまま運んであげます。マリー、行きますよ」
「ちょっ、苦しい、死ぬ死ぬ!」

 ワタルがモテているのが気に食わなかったのか、しばらくワタルは、ハラルに首を絞められるように引っ張られて運ばれていった。



「見晴らしがいいね」
「そんなことより、早く消しますよ」
「そうじゃな。ワタル、働け」

 竹林があった場所は相変わらずの更地で、その周りの木々には火がついていた。
 木々が燃える速度は非常に遅いため、3人はそれぞれバラけて火を消していく。

「大変だな、これ」

 水魔法で火を消しながら、ワタルは確認のために森の奥に入っていく。
 もしも火の消し忘れなどあれば、笑い話にもならない。

「誰だ!」

 ガサリ、と奥の茂みから音が聞こえた。
 ワタルは咄嗟に火を消していた水を弾丸にし、音がした方向へ飛ばす。
 凶器となった水は、茂みへ一直線に向かったが、甲高い音と共に飛び散ったであろう水滴が、ワタルの足元まで濡らす。
 防がれたのだ。

「血の気が多いな」

 水の弾丸を防いだ人物が、茂みから姿を表す。
 ワタルはその姿と声に覚えがあった。

「ロンド……」
「覚えていたか」

 魔王軍幹部の黒騎士、ロンドがそこにいた。
 ワタルは夜想曲の剣と盾を構え、周囲の水を自分の周りに漂わせる。

「そう身構えるな。敵意はない」
「信じる人はいないと思いますけどね。魔法剣!」

 ロンドは武器に手をかけず、敵意はないと言うがそれを信じるワタルではない。
 先手必勝、と夜想曲の剣に水を纏わせ、刀身を伸ばしその場から横薙ぎに斬りかかる。

 最初に感じたのは、岩を木刀で叩く感覚だった。
 ワタルの放った魔法剣は、ロンドが無造作に上げた右手によって完璧に防がれていた。
 ワタルの攻撃など効いてもいないのか、その場から1歩も動いていない。

「お前は俺に勝てない。それとも、殺されたいのか?」
「うっ……」

 ロンドが一瞬だけ放った殺気。
 それだけでワタルは戦意を折られた。
 それほど、2人の間には実力差があるのだ。
 そして、それがわからないほどワタルは素人ではない。
 魔法剣を解除すると、夜想曲の剣を鞘へと収める。

「俺になんのようですか」
「今すぐ王都へ戻れ。それだけだ」

 なにを言われるのかと身構えていたワタルだったが、そう言われただけでロンドは帰ろうとし、拍子抜けしてしまった。

「待ってください。どうしてこんなところにいたんですか」

 ロンドの用事がそれだけでも、ワタルからは聞きたいことがたくさんある。
 なぜ魔女の里の近くにロンドがいたのか、それが気になり聞くと、ロンドは足を止め振り返る。

「魔王様の命令だ。だが、それも今となっては意味が無いものになった」
「意味が無い?」
「王都へ行けばわかる。そうだな……俺はこの近くにいる」
「あ、ちょっと!」

 ロンドは最後の意図のわからない言葉を残し、ワタルの静止も聞かずに森の奥へと消えていった。
 ワタルは追いかけることもせず、その場に立ち尽くす。

「ワタル、こっちは終わったぞ……どうしたんじゃ?」
「帰りながら話すよ」

 ワタルが森から出ると、既にマリーとハラルは火を消し終え、帰り支度を済ませていた。
 マリーはワタルの様子がいつもと違うことに気付いたようだ。
 ワタルは帰りながら、2人にロンドのことを話す。

「あの地下はロンドが作ったものだったんじゃろうな」

 ピアニが住処にしていた、竹林の地下。
 あれは恐らく、ロンドが魔王の命令とやらのために用意した場所だったのだろう。
 なぜあそこにいなかったのはわからないが、ピアニと鉢合わせなかったのは幸運だった。

「魔女の里に用があったんですかね?」
「でも、もう意味が無いって言ってたからね」

 ロンドは魔王様の命令とはっきり言ったが、それはもう意味が無いとも言った。
 それは命令が破棄されたのか、ほかになにか優先するべき用ができたのか。

「王都でなにかあったんじゃろうか」
「敵の言うことです。鵜呑みにするのはよくないですよ」
「無視はできないからね。少し急ごうか」

 ワタルたちはそれぞれ疑問や警戒を抱きながらも、足を早め王都へ急いだ。

***

「スペルブレイク」

 王都の裏路地。
 人気のないその場所で、リナは禁忌の技術を使っていた。
 それにより、リナの足元にあった魔法陣は崩壊し、跡形もなく消滅する。

 今回の魔族騒動は、魔族を王都に運ぶ手段がなければ成立しない。
 例えば、転移魔法陣などがなければ。
 リナは完全に魔法陣が消えたのを確認すると、小さく呟き、人目を避けて裏路地を出た。

「そっちに行ったのね……セレナーデ」

「最強になって異世界を楽しむ!」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「ファンタジー」の人気作品

コメント

コメントを書く