最強になって異世界を楽しむ!

水泳お兄さん

魔族接近

「さあ、遠慮せずに食べるといい」

 大広間に連れられたワタルたちは、縦長のテーブルにアニマと座っていた。
 王と食事を取るなど、滅多にない機会のため、ワタルは混乱していた。

「毒など入っていないだろうな?」
「エレナ、そんな口の聞き方は……」
「いやいや、気にしなくていい。何なら、わしが毒味をしよう」

 エレナが先程のことをまだ根に持っているのか、レクシアと一緒にジト目で豪華の量を見て、アニマにそんなことを言う。
 慌ててワタルが注意するが、アニマは気にした様子もなく、むしろ機嫌が良さそうだった。
 アニマと一緒にいる騎士達も、エレナの言葉に反応しない。

「美味しいから早く食べた方がいいと思うんじゃが」

 ただ1人、マリーだけはマイペースに料理に手をつけていた。

「アニマ様、この状況を説明してもらえます?」
「説明もなにも、もてなしているだけだ。最初のことはわしの興味本位でな。迷惑をかけたな」

 それから、ワタルたちは豪華な食事をとった。
 たまにアニマから冒険譚を聞かれ、幹部との戦闘を少し脚色して話す。
 アニマにはそれが受けが良く、いつの間にかワタルたちはアニマと打ち解けていた。

「おお、そうだ。お主らに幹部討伐の報奨をやらんといかな。わし個人からだが、役に立ててくれ」

 食事も終わり、一息着いたところでアニマがそう切り出し、騎士の1人に合図する。
 騎士は大広間を出ると、数分後に戻ってくる。
 その手には、鞘に収められた刀が握られていた。

「これはわしが保有している武器の1つでな。その中でもかなりの業物だ」

 アニマがそれを受け取り、鞘から引き抜くと、刀身が輝いているのではないかと思えるほど、素晴らしい銀色が目に留まる。
 武器のことを知らない素人でも、その刀が決してそこらに並ぶようなものではないとわかった。

「名を白夜という。受け取ってくれ」
「ありがとうございます」

 ワタルは受け取るべきか一瞬迷ったが、拒否するのは失礼になると思い、アニマから白夜を受け取る。

「今日は楽しかった。また城に来ることがあれば、その時は冒険譚を聞かせてくれ」
「はい。喜んで」

 アニマの言葉に笑顔で返し、ワタルたちは騎士に案内されて門へと戻る。
 アニマは門まで見送りをしてくれ、ワタルは最後に頭を下げてから城を出た。

「いい人だったね」
「そうじゃな」
「また行く機会はあるだろうか」
「幹部を討伐したら、また呼ばれると思うよー」

 それぞれ話しながら、4人は家へと戻る。
 その日からしばらく、ワタルたちは休養をとりのんびりと過ごした。

***

「そういえば、この刀誰が持つ?」

 休養を取り始めて1週間。
 ワタルの傷も完治し、全員で朝食を食べたあと、ワタルがアニマから貰った刀を持ってくる。

「誰もいらないなら、私が貰ってもいいだろうか」
「私はいいよー」
「わしも構わんが、粛清剣はどうしたのじゃ?」

 エレナはワタルが目覚めてからというもの、粛清剣を持っているところを見ていない。

「あれは復讐のための剣だった。それに、仲間の血を浴びた剣は使いたくなかったから、エリヤに渡してきた」
「そういうことなら、これはエレナが使うことでいいね」
「アニマが言うには、斬れ味もいいとのことだからな。使うのが楽しみだ」

 エレナはアニマのことを呼び捨てにしているが、城でも呼び捨てにした時にアニマが、

「魔族ならば、人間の常識を押し付けては窮屈だろう。呼び捨てでいい」

 と、言ってくれたのでワタル以外は呼び捨てにしている。

「ああ、そうじゃ。ワタル、あの本の解読が終わったんじゃが」
「本当! 早いね」

 ワタルは城から帰ってきたその日、マリーにハラルから教えて貰ったことを伝え、本の解読をお願いしていた。
 それが幸を制し、昨日解読が終わったという。

「これは呪文のようじゃな。じゃが、魔法陣が必要らしい」
「それなら大丈夫。その本と同じ部屋に魔法陣が描かれてて、メモしておいたから」

 ワタルは魔法陣を描いたメモを取り出し、マリーは渡す。

「魔法陣については俺よりマリーの方が詳しいから、これは渡しておくよ」
「うむ。ちゃんと管理しておこう」

 他にも何気ない日常の話を4人でしながら、今日は何をするか話し合おうとした。
 その時だった。

『緊急事態が発生しました。冒険者及び王都の兵士の皆さんは、至急、北門へと集まってください』

 家の中にいても聞こえる大音量で、王都中に放送が流れる。

「緊急事態じゃと?」
「よくわからないけど、とにかく行ってみようか」

 ワタルがこの世界に転移してから、こんな放送は今までなかった。
 なにかまずい事でも起きたのかと、4人は急いで装備を整えて北門へ向かう。

 北門には既に多くの冒険者や兵士が集まっており、北門の前にはギルド職員がいる。

「皆さん、集まっていただきありがとうございます。単刀直入に言いますが、王都の北にある要塞が破壊され、大規模な魔族が王都へ向かってきています」

 説明を始めたリナの言葉に、周囲の人々がざわつく。
 魔族の大規模行進は今までもあったが、要塞が突破されたことなど1度もなかった。
 それはつまり、今までの比ではない規模の魔族が向かってきているか、魔族の中でも実力者、つまり幹部がいるかの二択ということになる。

「魔族の規模はいつもよりも、むしろ少ないほうです。つまり、幹部がその軍にいると思われます」

 考えていた二択でも、悪い方の予想が当たった。
 ワタルたちの顔は強張り、同じように冒険者や兵士たちも緊張した顔持ちになる。

「皆さんには、今から前線に向かってもらい、魔族の殲滅をお願いします。馬車や装備など、必要なものはギルドが用意します。皆さんの力を貸してください」
「当然だ!」
「自分の故郷は自分で守るぞ!」

 リナの呼びかけに、冒険者も兵士も口々に大声で反応する。
 それからは早いもので、既にギルドが準備していた馬車に順番に乗り込み、次々に前線へと向かっていく。

「俺達も行こう」

 ワタルたちも遅れないように、全員で馬車に乗り込む。

「ステータスも更新されているじゃろうし、今のうちに全員で確認しておくのがいいじゃろう」
「そうだな」
「私はステータスなんてないんですけどね」

 馬車に揺られながら、マリーがそう提案し、エレナが賛成してレクシアが若干拗ねる。
 だが、ワタルの頭にはハラルに言われたことが思い浮かんでいた。

「2つ……か」

 ハラルは、王都に2つの巨大な力が迫っていると言っていた。
 それが今回のことを指すなら、巨大な力とは幹部のことだろう。
 そして2つあるということは、幹部が2人いるという意味にも捉えられる。

「大丈夫……大丈夫……」

 1人でも苦戦し、命が危なくなる幹部が2人だ。
 ワタルは小さく呟きながら、ステータスを確認する。



ワタル Lv.321

ステータス
筋力:832
技量:678
敏捷:603
耐久:782
魔力:509

スキル
女神の加護
召喚【デスペリアスライム】
召喚【アンデッド】
守護



エレナ Lv.56

ステータス
筋力:296
技量:305
敏捷:1863
耐久:293
魔力:36

スキル
人狼
加速
憤怒
怒りなどの興奮によるステータスの上昇。



マリー Lv.39

ステータス
筋力:102
技量:184
敏捷:93
耐久:112
魔力:2302

スキル
収束
賢者
滅する者

「最強になって異世界を楽しむ!」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「ファンタジー」の人気作品

コメント

コメントを書く