最強になって異世界を楽しむ!

水泳お兄さん

装飾曲1

「ハァ……ハァ……」

 エレナは要塞へと続く道を、全力で走っていた。
 王都を出発して3時間、まだ1度も休憩はとっていない。
 疲労も蓄積し、息も荒くなっている。
 全ては一族の仇である、要塞の魔族を殺すためだ。

「撒いたか」

 走り始めた時に、後ろからつけてくる人物がいるのはわかった。
 エレナの全速力にはついてこれなかったようで、その人物は既に引き離せたらしく、少しペースを落とす。
 全力で走って休憩を繰り返すより、ペースを落として長く走った方が、効率は良い。
 エレナの速度なら、ペースを落としても十分速いため、エレナは焦る心を落ち着かせ、冷静に1番速く移動できる方法を選ぶ。

***

「マリー、ここから要塞まで、どれくらいかかる?」
「普通に行けば、3日といったところじゃな」
「なら2日で行くよ。休憩は最低限に、でも無理はしないようにね」

 エレナとの出発の時間差は、約6時間。
 エレナの敏捷のステータスも考えると、差は開く一方だろう。

「私ならもう少し短くできるよ?」
「どうする気?」
「見ててね〜」

 レクシアはなにか案があるようで、瞳の色を茶色へと変化させる。
 そうして土を操る力を使うと、3人の地面が隆起し、そのまま3人を前へと運び始める。
 その速度は馬車にも劣らず、動く必要もないので体力も温存できる。

「これほどのことは、魔法陣を使っても難しい。すごいのじゃ」
「でしょー。でも、長く続かないし疲れちゃうから、これが終わったら魔剣の状態になって休むね」

 しばらくはレクシアの力で運んでもらい、5時間はたったところで、レクシアに限界が来た。
 乗っていた土の勢いがなくなり、地面にゆっくり落ちていく。

「きっつい。これが限界かな」
「お疲れ様。ゆっくり休んでね」

 肩で大きく息をするレクシアに、ワタルが労いの言葉をかけ、魔剣の状態になったレクシアを腰に差す
 ちなみに鞘はエリヤに頼み、ちょうどいい大きさのものを作ってもらった。

「ここはどの辺?」
「王都と要塞の真ん中ぐらいじゃ。かなり時間を短縮できておるな。全力で走れば、あと1日と少しで着きそうじゃ」
「レクシアには感謝しないとね。よし、行こうか」
「うむ」

 魔剣となったレクシアを撫で、マリーと共に走り出す。
 適度な休憩を挟みながら、かなり良いペースで進み、日が落ちて3人は野営をして、朝再び走る。

***

「ここか」

 ワタルたちが1度目の野営を終えた朝、エレナは目的地の要塞に着いていた。
 要塞の外には、守っていた兵士と思われる死体が転がり、血が広がっていた。
 警戒しながら中に入ると、そこは血の海になっていた。
 その血の量は外の比ではなく、エレナが歩くたびに足の裏を粘ついた血液が付き、糸を引く。
 エレナが歩くべちゃべちゃとした音以外には、要塞は何の音もしなかった。
 様子をおかしく思いながらも、エレナは要塞の2階へと上がる。

「侵入者か。王都のやつか?」
「お前が……!」

 2階に上がったエレナに、男の声がかけられる。
 すぐにそちらを向いたエレナが見たのは、リナから聞いた通りの青い髪と赤い瞳で、椅子に座っていた魔族だった。

「殺す!」

 エレナは腹からこみ上げる熱いものを、怒りだと自覚する前にその魔族へ突っ込む。
 地面が血の海だろうと、エレナの速度は変わらない。
 しかし、エレナの攻撃は、魔族に素手で受け止められる。

「魔族か。何の用だ?」
「くっ、このっ!」

 エレナは一歩下がり、両手に持った粛清剣を、人の目には到底追えない速度で、魔族へ振る。
 魔族はその全てを見切り、避けるとエレナの腕を掴み、要塞の窓へと投げ飛ばす。
 エレナは魔族の力に逆らえず、窓を突き破り外へ出る。
 どうにか空中で体制を整え着地すると、同じ窓から魔族も降りてくる。

「質問に答えるのが礼儀だろ」
「私を覚えていないのか」
「さて……面識があったか?」

 エレナが魔族を睨みつけるが、魔族は本当に覚えがないのか、首を傾げる。

「お前が殺した人狼の生き残りだ。お前を殺すためにきた!」
「……ああ、そんなこともあったな」

 魔族はしばらく腕を組んで、悩む姿勢を見せていると、しばらくしてポンと手を打ち、思い出したようにエレナを見る。

「一族の仇、必ず討つ!」
「鬱陶しいな。だが、向かってくるなら殺してやろう」

 魔族は心底面倒くさそうにしていたが、やがてエレナを殺すと決めたのか、見たこともないような冷たい目で、エレナを睨みつける。
 エレナはその目と目が合うと、ビクっと体を震わせるが、怒りの方が大きく、両手の粛清剣を構える。

「魔王軍幹部、真祖の吸血鬼アラベスクだ」
「人狼エレナ。お前を殺す魔族だ!」

 互いに名を名乗ると、エレナが先に仕掛ける。
 今度は途中で加速を使い、消えたように見える速度で、吸血鬼の懐に潜り込む。
 確実に当たる、そう確信したエレナは、両手の粛清剣の片方で首、片方で膝を狙い横薙ぎに振る。

「人狼とはスピード自慢だったか。……遅いな」

 エレナの攻撃は、アラベスクがため息を吐くと同時に、簡単に防がれる。
 首を狙った方を素手で掴まれ、膝を狙った方を足で踏まれる。
 動きの止まったところへ、アラベスクが踏んでいるのと反対の足で、蹴りを叩き込む。

「がっ!?」

 バキッという骨が折れる音と、口から血を吐きながらエレナは吹き飛ばされる。
 地面を何度もバウンドし、ゴロゴロ地面を転がる。
 普通なら戦闘不能となる状態だが、エレナはゆっくりと立ち上がる。

「魔族に有効な剣か。ほらよ」

 アラベスクはエレナが手放した粛清剣を手に取り、少し眺めたあとエレナの足元へ投げる。
 その行動が理解できず固まるエレナへ、アラベスクが笑いながらこう言う。

「俺を殺すんだろう?」
「ぐっ……」

 余裕を見せるアラベスクの投げた粛清剣を手に取り、歯を食いしばって構える。
 一撃で全身が悲鳴をあげ、勝てないと心のどこかで思ってしまう。
 エレナは頭を振り、その考えをなくす。

「はあああ!」

 エレナが自分を奮い立たせ、3度目の地を蹴りアラベスクへと突っ込む。

「芸のないやつだ」

 アラベスクが面白くなさそうにため息をつき、迎撃の構えをとる。
 だが、エレナもバカではない。
 突っ込む途中で左腕だけを加速させ、粛清剣の片方を投擲する。
 加速により銃弾を超える速度で投擲された剣は、アラベスクの頭部へ真っ直ぐ向かう。
 それを防ごうとアラベスクが手を前に出すが、粛清剣はその手を貫く。
 それでも軌道は逸らしたようで、粛清剣はアラベスクの頭部へは当たらない。

「はあっ!」

 粛清剣を防いだことによって、アラベスクの視界は一瞬塞がれる。
 そこへ、懐へ潜り込んだエレナが、右手の粛清剣を心臓部目掛けて突き出す。
 アラベスクが気付いた時には既に遅く、防御も間に合わずに心臓部を突き刺される。
 驚いた表情をしたアラベスクは、がくりと体の力が抜け、エレナが粛清剣を引き抜くと前へどさりと倒れる。

「ぐっ、無理をしすぎたか」

 エレナのスキル加速は、体へ負担がかかる。
 万全の状態なら問題ないが、今回のように傷が深ければ、体を激痛が襲う。
 遂に復讐を果たせた、そう思うと力が抜け、エレナはその場に尻もちをつく。

「だが、これで」
「終わりだと思ったか?」

 エレナが絶望に顔を染め、アラベスクを見る。
 すると、アラベスクへ周囲の血が集まり、傷が癒えていく。
 少しすると、アラベスクは何事もなかったかのように立ち上がった。

「甘く見ていた。まさか傷を負うとはな」

 粛清剣を手に取り立ち上がろうとするエレナへ、アラベスクの蹴りが襲う。
 今のエレナに避けることなどできず、エレナは地面を転がり、地に伏せる。

「お前は確実に殺してやる」

「最強になって異世界を楽しむ!」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「ファンタジー」の人気作品

コメント

コメントを書く