最強になって異世界を楽しむ!

水泳お兄さん

雷帝1

「おっと、そういえば名乗ってなかったな。俺は雷帝と呼ばれている」

 魔剣の前に立ちはだかる雷帝と名乗った大男は、ワタルたち3人を値踏みするように、今度は1人ずつじっくりと見ていく。

「かなりの実力者のようだ。少し前に来た人間たちとは違うな」

 3人の見た目──特にマリーの──に騙されず、ワタルたちを実力者と言った。

「貴方が魔剣を奪った大男でいいですね?」
「奪った、とは違うな。俺はここで魔剣を守るように言われている」

 言われている、ということは誰かに命令されているのだろう。
 この場所のどこかで見ているのか、とエレナは素早く周囲を見回す。

「安心しろ。この場所は俺しかいない。それで十分だからな」
「随分な自信ですね」
「事実だからな。そうだな……ハンデをやろう」
「ハンデ?」
「俺は雷魔法を使うんだが、それは使わないでやる。前の冒険者のように、簡単に追い払っては面白くないしな」

 雷帝はワタルたち3人を実力者だと判断した上で、手の内を明かしさらには、ハンデをやると言い出す。
 心外だと言い返そうとするエレナだが、マリーがそれを手で制する。
 相手が本気を出さないというのなら、そのまま倒してしまえばいい。
 そうすれば、仲間が傷付く可能性も減り、依頼も楽にこなせるのだから。

「さて、そろそろ始めようか。楽しい殺し合いだ」
「2人とも、最初から全力でやります」

 剣と盾を構えるようにして口元を隠したワタルは、2人にしか聞こえない小さな声で、そう指示を出す。
 2人ともこくりと頷き、それぞれ武器を構える。

「いくぞ!」

 そう言って一歩を踏み出した雷帝へ、エレナが疾走すて距離を詰める。
 新しいスキルの加速により、初速から速度を上げてまるで消えたように見えたエレナは、雷帝の膝元へ粛清剣を振る。

「ぬう!?」

 出鼻をくじかれた雷帝は、膝を3分の1近く斬られ、片膝を付いて動きが止まる。

「水よ、刃となり、敵を切り裂け」

 そこへワタルがこぶし大の水球を10個作り、水の刃に変化させ斬り掛かる。
 2言の詠唱で魔法を使っていたワタルだが、3言にして口にする言葉を増やすことで、イメージをより鮮明にしていた。

「この程度、浅いわ!」

 体の所々を切り裂かれた雷帝だが、本命の頭部を狙った剣による攻撃は、腕のバングルでしっかりと防いでいた。
 水の刃による傷も浅いらしく、早くも立ち上がろうとしていた。

「座っていろ」

 そう簡単には立たせないと言わんばかりに、エレナが横から雷帝の頭を粛清剣の柄で殴りつける。
 殺すのが目的の攻撃ではなく、体制を崩すための攻撃で速度を付けたエレナの攻撃を、雷帝は避けられずに身体が大きく傾く。

「調子に乗るな!」
「やらせません」

 雷帝もやられてばかりではなく、体制を崩しながらも動きの止まったエレナへ蹴りを放つ。
 狙い通りで直撃するはずだった蹴りは、ワタルの盾によってお互いに弾かれ、防がれる。
 ワタルは後ろへ吹き飛ばされるが、綺麗に着地しておりダメージは見えない。
 雷帝は不安定な体制で蹴りを放ち、それを弾かれたことで両手を地面に着いてしまう。

「大丈夫か?」
「ノクターンの時と比べたら余裕だよ」

 エレナはワタルの隣へ駆け寄り、2人揃って雷帝を見やる。

「追撃をしないとは、チャンスを逃したな!」
「俺たちは火力担当じゃないんですよ」
「そういうことじゃ」

 ワタルとエレナが追撃をかけないことに疑問を抱きながらも、ゆっくりと雷帝は立ち上がる。
 ワタルは雷帝の言葉を聞き、マリーへと合図を送る。
 魔法陣を展開し詠唱を終えたマリーは、杖を雷帝へと向け、魔法を発動する。

「押し潰せ」

 使う魔法は土魔法。
 雷帝が雷魔法を使うと言っているため、相性が良い属性の魔法を選んでいる。
 雷帝の横から地面が盛り上がり、5mの壁となると雷帝を挟むようにして押し潰す。

「これで終わればいいんだけど……」

 雷帝は確実に押し潰され、3人はそれを見ていた。
 それでも、ワタルはこれで終わりとは思えずに、思わず声を漏らす。
 そして、その予感は当たっていた。

「強いな」

 土の壁に亀裂が入ったと思うと、次の瞬間壁が吹き飛び、崩壊する。
 その中から雷帝が出てきたが、その見た目は最初とは異なっていた。
 中世で使われるようなフルフェイスの鎧に身を包み、左手には盾を持ち、右手には青い稲妻が走っていた。

「わしの魔法を壊すか……」
「手を抜いた非礼を詫びさせてもらう。お前たちは挑戦する資格がある」

 後ろでマリーがショックを受けているが、それも仕方がないだろう。
 小さいとはいえ、魔法陣を使った魔法を傷一つなく壊されたのだ。
 それがどれほどのことか、わからない3人ではない。
 それぞれの顔は緊張で引き締まり、武器を持つ手に力がこもる。

「俺は守り手として、全力で挑戦に応じよう」

 ワタルたち3人の様子など気にせず、雷帝は跳躍し右手を振り上げ、ワタルとエレナに向けて落ちてくる。
 跳躍して落ちるまでは、十分過ぎるほど時間があるため、2人はバックステップで雷帝の攻撃が届く範囲から退き、着地の瞬間を狙う。

「なっ……」
「ぐっ……」

 先程まで2人がいた場所を、雷帝の拳が襲う。
 避けた、そう思っていた2人を突如鋭い痛みが襲う。
 ワタルが雷帝を見ると、その拳に纏った稲妻が地面を伝わり、ワタルとエレナまで届いていた。
 痛みこそ戦闘不能になるほどではないが、稲妻により体が硬直する。
 その隙を雷帝が見逃すはずもなく、ワタルとエレナへそれぞれ拳を放つ。
 マリーが炎球を飛ばすが、盾に防がれ攻撃を止める事は出来ない。

「がはっ!?」

 2人はいとも簡単に吹き飛ばされ、壁に激得し肺の空気が外へと出される。
 動こうにも稲妻の効果がまだ抜けず、体は言うことを聞かない。

「やあっ!」
「魔導師が接近戦を挑むか」

 トドメを刺そうとワタルへ近づく雷帝に、横からマリーが杖で殴り掛かるが、鎧に弾かれる。
 魔法では時間がかかるため、近接戦で少しでも時間を稼ぐつもりなのだろう。
 一般では、魔導師が接近戦を挑むなど愚の骨頂であり、考えられない行動だ。
 雷帝もそれはわかっており、鬱陶しいものを払うような仕草で、盾をマリーへぶつけようと振る。

「生憎、わしは普通の魔導師じゃないのでな」

 そう、その話はあくまで一般の魔導師のものだ。
 マリーは長い年月を生きており、そこらの魔導師とは実戦経験も、魔法の使い方の上手さも桁違いであり、近接戦も心得ている。
 自らへと迫る盾を前にしても焦ることなく、杖で軽く地面を叩く。
 その部分が瞬く間に盛り上がると、土の柱となり雷帝の腕の下から突き出し、軌道を逸らす。

「見た目と中身は比例せんぞ」

 小さな体を活かして懐へも入り込んだマリーは、がら空きの雷帝の腹に杖を向ける。

「吹き荒れろ」

 その杖の先端に風魔法を発動させる。
 直後、雷帝の体が一直線に吹き飛び、凄まじい音を当てて壁へと激突した。
 ワタルとエレナは、既に体を回復させていたが、思わずマリーの戦闘に魅入ってしまっていた。

「最強になって異世界を楽しむ!」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「ファンタジー」の人気作品

コメント

コメントを書く