最強になって異世界を楽しむ!

水泳お兄さん

盗賊団

 不在の間にブックマークといいねが増えてて、すごいやる気が出ました。
 ありがとうございます。
 今日からまた毎日更新します!




 翌日ワタルたち3人は王都の南門へと集まり、まだ朝早く薄暗い中出発した。
 洞窟までは2日ほどかかるため、途中2回の野営が必要になる。

「マリーは上空の敵を、俺とエレナで下は倒そう」
「うむ、任せておけ」

 しばらく歩いて日も傾き、そろそろ休もうかというところで魔物の群れと遭遇した。

「痛っ!」

 普段であれば何の問題もない相手なのだが、移動による疲れと敵の数の多さにより死角をとられ、ワタルが脇腹に傷を負う。
 動けるほどの浅い傷であったため、すぐに魔物を殲滅し野営の準備をする。

「ワタル、傷は大丈夫か?」
「うん、なにか支障があるわけじゃないし、すぐに治るよ」
「バカ者、そういう考えが大事を招くんじゃ。お主が見張りの時にわしが治療しよう」

 マリーの休む時間が減るため断ったワタルだったが、その強い物言いに断りきれず治療を受けることにした。
 食事も済ませた夜、ワタルはマリーに回復魔法を掛けてもらいながら見張りをしていた。

「あのさ、マリーにちょっと相談があるんだけど」
「相談じゃと? 仕方ないやつじゃな。わしの知恵を貸してやろう」

 頼られるのが嬉しいのか、若干得意げに胸を張るマリー。

「いくつか試してる魔法があるから、実戦で使えるか見てほしいんだ」
「オリジナル魔法か?」
「そういうこと」

 治療も終え、傷が塞がったのを確認してワタルは立ち上がり、剣を構える。

「水よ、我が剣に、纏え」

 ワタルの言葉に応じて、水が剣の刀身を包み込む。
 マリーが作ったゴーレムとの戦闘で使った魔法で、グラムの補助なしでも、ここまではできるようになっていた。

「前に見たことがあるな」
「ここからだよ。水よ、動け」

 ゴーレムはこの剣では斬れなかったことを考え、斬れ味を上げる手段を見つけた。
 纏わせた水を動かし、高速で振動させる。
 その状態の剣を、近くの岩にゆっくりと振り下ろすと、抵抗なく真っ二つに斬れた。

「斬れ味が段違いじゃな。水を動かしておるのか」
「長さも変えられるよ」

 剣を纏っている水に魔力を送れば、水の量が増え刀身が伸びる。

「これなら物理攻撃が効かない相手にも、かなり有効じゃな」
「ほとんど維持できないんだけどね」

 マリーは少し驚いた様子で、素直に褒めてくれるがこの魔法剣には欠点はある。
 その一つが持続時間の短さで、全開で使えば5分しか持たない。

「オリジナル魔法なんてそんなものじゃ。大抵は使い物にならん。それでも、その魔法剣は十分実践で使える」
「マリーがそう言ってくれるなら安心だよ。でも、本命はこれじゃないんだよね」

 マリーからのお墨付きを持ったところで、ひっそりと連取を重ねてきた魔法を公開する。


 いくつかの魔法をマリーに見せたところ、マリーは興奮気味に褒めてくれた。

「見たことない魔法! 私も覚えたい!」
「わかったから、一旦落ち着こう?」

 口調を崩しながら詰め寄るマリーを落ち着かせ、使った魔法を説明した。
 それでも、マリーはその魔法を使えなかったため、落胆し半泣きになったマリーを、見張りの間ずっと慰めるワタルだった。

***

「ワタル、疲れているようだが大丈夫か?」
「大丈夫だよ」

 結局ほとんど休めないまま、2日目の移動が始まった。
 今回は途中で休みを多く入れ、昨日のような怪我を無くすように心掛ける。

「……気付いてる?」
「当然だ。お粗末な尾行だからな」

 時刻は昼過ぎ。
 休憩場所を探し始めたところで、ワタルは2人に小声で話しかける。
 30分ほど前から何者かに尾行されており、ワタルはその相手をどうするか相談する。

「盗賊かなにかじゃろう。休憩する振りをして、武器を外して誘い出して返り討ちじゃ」
「そうしようか」

 尾行している相手を誘い出すため、3人は適当な場所で休憩を取る。
 本来は武器を外すようなことはしないが、今回は別だ。

「へへへ、動くなよ。動いたら痛い目を見ることになるぞ」

 なんというか、武器を外して数分後にその尾行をしていた相手は現れた。
 いかにも盗賊という風貌をした6人の男は、ワタルたち3人を囲み剣を抜いている。

「簡単に出てきたな」
「マリー、あとはお願い」
「了解じゃ」

 盗賊たちは驚く素振りも見せない3人に疑問を抱き、襲いかかってくるようなことはしない。
 なにせ、見た目は少年少女と幼女だ。
 男6人ならば負けると考えるわけがない。

「アースゴーレムでいいじゃろう」

 既に魔法を準備していたマリーが、地面に手を付き魔法を発動させる。
 使うのはゴーレム創造の魔法。
 合計で12体のアースゴーレムたちは、様子を伺っていた盗賊たちへと襲いかかる。

「うわっ、やめろ!」
「このっ、離れろ!」
「落ち着け、ただのゴーレムだ!」

 盗賊の頭と思われる男の呼びかけも虚しく、盗賊たちは自分の倍の数のゴーレムに倒されていく。
 多少腕に自信のある冒険者なら、アースゴーレムを同時に4体は相手にできるだろう。
 だが、相手は盗賊。
 まともな訓練も受けず、練度の低い盗賊には当然の結果だった。

「動かないでくださいね。殺しませんから」
「くそっ!」

 頭の男も奮戦していたが、ワタルたちが武器を取ると諦めたようで、大人しく拘束された。

「とりあえず、盗賊団の名前を教えてください」
「……」
「別に拷問してもいいんですよ。マリー」

 誰も口を開こうとしない盗賊たちに、見せしめと言わんばかりにマリーが炎球を作り出す。
 人一人など容易く包み込む炎球は、盗賊たちに恐怖を与えるには十分だった。

「ウィケッド盗賊団だ」
「ギルドから討伐依頼の出されていた盗賊団ですよね。でも、数が少ないような」
「やられたんだよ、大男にな」

 ウィケッド盗賊団の盗賊たちは、自分たちの置かれている状況をよく理解しているのか、何があったかを話し出す。
 内容はエリヤから聞いたのと少し違い、魔剣を拾って来たら、突然大男が出てきて仲間がほとんどやられたとのことだった。

「こんなもんだ。他に知っていることはないぞ」
「情報ありがとうございます。それじゃあ、皆さんには王都の刑務所に行ってもらいます」

 話を聞き終えれば、ワタルは持ち物の中から細長い筒を取り出す。
 それを空へと放り投げると、破裂し赤色の煙が空中に広がる。
 これは王都の兵士を呼び寄せるための発煙筒のようなもので、しばらくすれば王都の兵士の乗った馬車が来るだろう。
 発煙筒の煙を確認したワタルたち3人は、盗賊たちを近くの気に縛り付け、その場を後にする。

***

「ここみたいだね」

 2回目の野営を挟んで、次の日の朝。
 ワタルたちは目的の洞窟の前に着いていた。

「俺が戦闘を行くから、エレナは2番目、マリーは最後尾をお願い」

 洞窟の通路は狭く、同時に1人しか通れないため隊列を決め、中へと入っていく。
 洞窟は天然のもののようで、緩やかな下り坂となっていた。
 5分近く歩いたところで、洞窟の通路を抜け広い空間に出る。
 空間は円状で、ワタルは闘技場という言葉を思い浮かべていた。

「よく来た、挑戦者たちよ」

 辺りを見回していた3人へ、野太い男の声がかかり天井に光が灯る。
 姿を現したのは筋骨隆々という言葉が似合う、体長3mはありそうな大男だった。
 さらに、その背後の奥には剣が地面に刺さっており、それが魔剣で目の前の大男が、盗賊団と冒険者たちを壊滅させた相手なのだと直感する。

「俺を倒せば魔剣をくれてやろう」

 大男は3人を見ると、そう言って口端を吊り上げた。

「最強になって異世界を楽しむ!」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「ファンタジー」の人気作品

コメント

コメントを書く